ギャラリーフェイクの新章がビッグ増刊でスタート!

地獄の田中

ギャラリーフェイクの新章がビッグコミック増刊号でスタート。読み切りではなく連載のよう。
カラバッジョの作品を、レストランチェーンの社長に売る話。カラバッジョの生い立ちや作品解釈の話も面白かったけど、それを絡めながらレストランチェーンの社長の境遇などを絡めたストーリーで面白かった。

面白かった。読み切りじゃなくて連載なのは嬉しい。

単行本は来年かな、楽しみだ

2話目は伊藤若冲の象と鯨の屏風。あこぎな商売をする一方で、心で売る相手を見極める藤田らしい話。

第1話は、こんなんだっけという感じだったけど、第2話がギャラリーフェイクっぽかった

展示の貸し出し交渉が大変そうだった。学芸員も楽じゃないね

デュシャンの「泉」って世界で一番うっかり捨てられそう

レプリカといえど、デュシャンが委託しているらしいし、数も少ないね

1960年代にデュシャンの委託によって17点のレプリカが作られ現存している。

マルセル・デュシャンのレディ・メイド作品「泉」の解説ページです。意味、意図、現代美術。

いつか読みたいマンガの一つで、新章から読むかこれを機に1巻から買うか悩んで悩んで、ままよと新章読んだら面白い。1話完結の良さですね。少しづつこれまでのも読んでいこうと思ってます。

コメントする
投稿者名