また読みたい
フォロー
贋作専門の画廊「ギャラリ-フェイク」のオ-ナ-・藤田玲司のもとに、衆議院議員の梶がモネの「つみわら」の真作を売ってほしいと商談を持ちかけた。フジタは贋作だけではなく、裏では美術品のブラックマ-ケットに通じ、盗品や美術館の横流し品を取り引きしていることを知ってのことだった…。美術界を舞台に繰り広げられる、芸術をめぐるミステリー!!
フジタは「日本のドン」と称されるフィクサーの国府双六から、雪舟の贋作を作ってほしいと依頼された。国府が所持している雪舟は実は盗難品で、正式な所有者である在日フランス大使・ブロト-に返さなくてはならない。雪舟を手離したくない国府は…。
フジタは家と財産を差し押さえられた、会社社長の美術コレクションの鑑定に来ていた。たくさんのコレクションは二束三文のものばかりであったが、国宝級の真作とおぼしき円空の「日光菩薩」があった。しかし、喜び勇んで持ち帰った「日光菩薩」は…。
ロシアの天才少年ピアニスト・ミーシャの演奏会に来ていたフジタは、「モスクワ音楽アカデミー」の教授から、ある絵を探してほしいという依頼を受ける。それはムソルグスキー作曲のピアノ組曲「展覧会の絵」の構想に使われた、ガルトマンの10枚の絵のうちの1枚で…。
レンブラント調査委員会の第一人者・ラストマン博士が、レンブラントの作品の鑑定のため来日した。ラストマンは鑑定に絶対的な自信を持っていたが、レンブラント調査委員会は、過去にフジタの鑑定結果から自身が出した判定を覆すという辛酸を嘗めていたのだった。
大東亜生命の総務部長である北白川は、美術に造詣が深い。かつては芸術品の買い付けに奔走するほどであったが、現在は窓際に追いやられている。ある日、北白川は企業の名品展の実行委員長を命じられ、展示に必要な中国磁器を借りるために「ギャラリーフェイク」を訪れる。
アメリカのソフトウエア制作会社「マルチメディア社」会長・キルバート・ベイカーは、末期癌の母親が欲しがっている「窓の絵」を探していた。だが、窓がついたどの絵を見せても、母親は違うと首を振るばかりであった。困り果てたベイカーは、フジタに相談をするが…。
フジタがテレビ局に貸し出した乾山の皿が、破損してしまった。怒ったフジタはテレビ局に乗り込み、弁償を請求する。そこで、三田村小夜子の妹でタレントのみちるに偶然出会い、みちるが司会をしている番組の鑑定人の代理を急遽務めることになったが…。
フジタと同じアパートに住む小梅おばさんが倒れ、息子が経営している病院に入院した。この病院は快適な空間を患者に提供することをモットーに建てられたもので、各部屋ごとにカラーコーディネートがなされていた。小梅おばさんは、一番上等な紫でコーディネートされている部屋に入院していたが…。
フジタは事務所に警察に追われているある男をかくまった。その男はイタチの辰蔵(たつぞう)という通り名で、美術品窃盗の常習者。ある日、辰蔵は仕事の依頼を断ったものの、大事なひとり娘を誘拐され、仕事をせざるを得なくなった。その仕事とは…。