ネタバレ舌先三寸で家を売りまくっていた男がある日…ビッグコミック新連載

営業成績ナンバーワンの不動産マンが主人公。嘘は言わないけど、不利になることは隠して家を売りまくっていたが、ある地鎮祭で辛気臭くて客の印象が悪くなるとぶち壊した石碑が原因で?本当のことしか言えなくなってしまった。これまでは客に隠していた事実もペラペラ喋ってしまうようになって…どうなる!みたいな感じ

クロサギの夏原武が原案ということで業界の闇を暴く感じはさすがだなと思う。なんかうまく波に乗ればドラマとかになりそうだなって感じの漫画

話の作りが上手いなと思った。
不動産の闇というかダークさを最初に出してそれに乗っかりまくりの主人公が、しっぺ返しを食らうって自らダークさをどんどん露見させながら、新しい健全化の方向で痛快ストーリーに仕立てる感じなんだろう。

石碑をぶっ壊すっていうわかりやすい呪われ方。幽霊とか出てこないし除霊の方向はなくこれからずっとこの調子なんだろうな。

真っ黒な業界を隠しもしないな

笑顔がいい感じにゲス顔でなかなか好感が持てる

2話目は嘘がつけなくて全部ぶっちゃけてしまい契約が反故になりかけ営業人生オワタかと思いきや、正直なところが好感を持てるというミラクルが起こって首の皮一枚繋がった感じ。
そうなるだろうなって思ったが、安いアパートにはやっぱり理由があるのか…と面白かった。不動産の裏事情を暴くところが面白いね

最初は苦労するが徐々に人望を集めて快調に成績を伸ばすが社内の圧力から左遷されそうになって正直不動産を立ち上げる話になるのかな。あんまり会社に止まっていけそうな気配はない。

不動産関連で出てくるやつらのほとんどがロクでもなくていいな。これからどんどん増えてきそう。

観念して正直不動産としてやっていくことを決意したようだが、上昇志向の強い新入社員によって邪魔されてしまいそう。今回はマンション売却のあれこれでなかなか難しい話だったな。

身内から刺されるのが早いな。正直不動産として順調にいってからかと思ったら早速なんだもん。

出世の目はなくなって、首一歩手前。追い詰められて独立する方が社内で持ち直すよりも早そう。

営業成績ナンバーワンの不動産マンが主人公。嘘は言わないけど、不利になることは隠して家を売りまくっていたが、ある地鎮祭で辛気臭くて客の印象が悪くなるとぶち壊した石碑が原因で?本当のことしか言えなくなってしまった。これまでは客に隠していた事実もペラペラ喋ってしまうようになって…どうなる!みたいな感じ クロサギの夏原武が原案ということで業界の闇を暴く感じはさすがだなと思う。なんかうまく波に乗ればドラマとかになりそうだなって感じの漫画

@名無し

今日、読みましたけど.続きが楽しみです:laughing::musical_note::musical_note:
又、映画になると嬉しいです:laughing::musical_note::musical_note:

クロサギも楽しく見せて頂きました
正直不動産もとても良かったです:laughing::musical_note::musical_note:
ワクワクする、続きが早く読みたくなります
又、ドラマに成ることを願って居ます

コメントする
投稿者名
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う
報告理由
詳細(任意)
投稿いただいた内容が第三者に伝わることはありません。
このコメントに返信する
投稿者名