淫花伝阿部定について

一番下のコメントへ

阿部定事件というショッキングな事件を起こしたこともあって、悪女や怖い女という文脈で語られることの多い阿部定の半生が淫花伝淫花伝では描かれている(淫花伝には高橋お伝の話もある)

艶のある淫靡な絵を描かせたらやはり上村一夫上村一夫はさすがだなと思う一方で、物語はそれだけに終始せずに、10代半ばで乱暴をされた挙句、芸者に売られ、そしてヒモのように定を食い物にする女衒夫婦から逃げるために梅毒を抱えながら街を離れて、流れ着いた先で出会った男と熱病的な恋に落ちる恋に落ちる、定という人間を作り上げた不条理と定の一人の女としての姿が描かれている。

かといって同情的なわけでもなく、阿部定という人間が育ち、阿部定事件を起こすに至ったまでを淡々と描いている。ただのショッキングな漫画を過激に描きましたではなくきちんと一人の人間の姿として描いているので物語としてとても魅力があった。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner