イザベラ・バードの日本紀行

外国人目線でストーリーが進むと、逆に同じ目線で楽しめる
さすがに明治初期の日本の姿は今と違いすぎて、共感なんてほとんどできないし

バードさん目線で書かれてるからってことなんだろうけど、日本語で会話しているセリフはミミズみたいな字でごにょごにょ書かれてて唯一読めたのが「異人さん」だけだった。
むしろちゃんと文字書いてるんだって驚いた

バードさん目線...

こういう歴史系を舞台にしているマンガを読むと、タイムスリップしたら高校レベルの英語力でも通訳として一財産稼げそう…とか思うんだよなぁ
けど、伊藤が現代でも稀有なレベルでシッカリした英語力があったから、やっぱりゆるっとした杵柄みたいなものではダメかぁってなんか反省した

コメントする
プロフィール情報はありません。ログインまたはユーザー登録をしてください。
ふしぎの国のバード

ふしぎの国のバード

また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

HARTA COMIXつながり

最新のクチコミ

特集

注目著者

もっとみる