イザベラ・バードの日本紀行

地獄の田中

外国人目線でストーリーが進むと、逆に同じ目線で楽しめる
さすがに明治初期の日本の姿は今と違いすぎて、共感なんてほとんどできないし

地獄の田中

バードさん目線で書かれてるからってことなんだろうけど、日本語で会話しているセリフはミミズみたいな字でごにょごにょ書かれてて唯一読めたのが「異人さん」だけだった。
むしろちゃんと文字書いてるんだって驚いた

バードさん目線...

へーなるほどって読んでて思う。バードさんが可愛い

日本の未文明な文化に好意的なのがバードさんで、伊藤がそれを恥だと思ってるところとかが面白い。

こういう歴史系を舞台にしているマンガを読むと、タイムスリップしたら高校レベルの英語力でも通訳として一財産稼げそう…とか思うんだよなぁ
けど、伊藤が現代でも稀有なレベルでシッカリした英語力があったから、やっぱりゆるっとした杵柄みたいなものではダメかぁってなんか反省した

これはいい歴史ものですよ

明治は面白いね、やっぱり

伊藤の顔を画像検索してすこしテンションさがった。バード(実物)はガチムチだった

ガチムチっていうか思った以上にぼっちゃんっぽかった

>唯一読めたのが「異人さん」だけだった。

「御禮(=礼)」「多助」も見えるな。
漢字は比較的読み取りやすい。

コメントする
投稿者名
ふしぎの国のバード
ストアで買う
ebj
amazon
もっとみる