user_private
マンドリン松本

「世界の中心でアイを叫んだけもの」は「瞬間、心、重ねて」と同じくらいの名タイトルだなって思ってたんだけど
元ネタあったんだなって思ったわけです。

user_private
マンドリン松本

「世界の中心で愛を叫んだけもの」って時空間の果て(クロスホエン=交叉時点)にあるつまりとてつもないほどの未来のある場所で、時間を超えるために組織された委員会のある天才科学者が、ありとあらゆる時間(そいつらにとっての過去も含めて)と空間に災厄をバラまいたっていう現代版パンドラの筺みたいな話。

んで、その科学者は災厄をバラまいた罪で処刑されるんだけど、死に際のセリフが、
「私のために記念碑を建ててくれるね?だが、それは私のためではなく、彼らのためにそうしてくれ。そして彼らのうちで、重要な人物でなくていいから一人選んでくれ。もし彼らがそれを見つけて理解した時、彼らの全てを意味するような人物に」(要約)

と言って死んだんですけど、実際に記念碑は建てられたようです。
ただ、建てられた場所が心の中らしいんです。
それで、
「もしそれを見出せば、彼らは知るはずだ。地獄が彼らとともにあることを、天国が事実存在することを、そして天国の中には全ての狂気の流れだす中心があることを。そして、一度その中心へ入れば、そこに平和があることを」
って地の文がこの作品自体をほぼ締めるんだけど

エヴァンゲリオンっていう作品は、「世界の中心で愛を叫んだけもの」へ人類が至るための壮大なアンサーだったのではないだろうかって思ったりしたんだよね。

誰か!!!!!!語らおう!!!!!

「世界の中心で愛を叫んだけもの」って時空間の果て(クロスホエン=交叉時点)にあるつまりとてつもないほどの未来のある場所で、時間を超えるために組織された委員会のある天才科学者が、ありとあらゆる時間(そいつらにとっての過去も含めて)と空間に災厄をバラまいたっていう現代版パンドラの筺みたいな話。 んで、その科学者は災厄をバラまいた罪で処刑されるんだけど、死に際のセリフが、 「私のために記念碑を建ててくれるね?だが、それは私のためではなく、彼らのためにそうしてくれ。そして彼らのうちで、重要な人物でなくていいから一人選んでくれ。もし彼らがそれを見つけて理解した時、彼らの全てを意味するような人物に」(要約) と言って死んだんですけど、実際に記念碑は建てられたようです。 ただ、建てられた場所が心の中らしいんです。 それで、 「もしそれを見出せば、彼らは知るはずだ。地獄が彼らとともにあることを、天国が事実存在することを、そして天国の中には全ての狂気の流れだす中心があることを。そして、一度その中心へ入れば、そこに平和があることを」 って地の文がこの作品自体をほぼ締めるんだけど エヴァンゲリオンっていう作品は、「世界の中心で愛を叫んだけもの」へ人類が至るための壮大なアンサーだったのではないだろうかって思ったりしたんだよね。 誰か!!!!!!語らおう!!!!!

「世界の中心で愛を叫んだけもの」って時空間の果て(クロスホエン=交叉時点)にあるつまりとてつもないほどの未来のある場所で、時間を超えるために組織された委員会のある天才科学者が、ありとあらゆる時間(そいつらにとっての過去も含めて)と空間に災厄をバラまいたっていう現代版パンドラの筺みたいな話。 んで、その科学者は災厄をバラまいた罪で処刑されるんだけど、死に際のセリフが、 「私のために記念碑を建ててくれるね?だが、それは私のためではなく、彼らのためにそうしてくれ。そして彼らのうちで、重要な人物でなくていいから一人選んでくれ。もし彼らがそれを見つけて理解した時、彼らの全てを意味するような人物に」(要約) と言って死んだんですけど、実際に記念碑は建てられたようです。 ただ、建てられた場所が心の中らしいんです。 それで、 「もしそれを見出せば、彼らは知るはずだ。地獄が彼らとともにあることを、天国が事実存在することを、そして天国の中には全ての狂気の流れだす中心があることを。そして、一度その中心へ入れば、そこに平和があることを」 って地の文がこの作品自体をほぼ締めるんだけど エヴァンゲリオンっていう作品は、「世界の中心で愛を叫んだけもの」へ人類が至るための壮大なアンサーだったのではないだろうかって思ったりしたんだよね。 誰か!!!!!!語らおう!!!!!

@マンドリン松本

元ネタあるのは知らなかった~!!!

user_private
マンドリン松本
元ネタあるのは知らなかった~!!!

元ネタあるのは知らなかった~!!!

@ぴっぴ

内容的な元ネタかはわからないのですが、
作品の内容的にもエヴァの空気感と近しいものを感じる(あくまで感じるくらいのレベル)なので
面白いですよ。
20ページくらいの超短編なのに読みやすいかと言われたら微妙なんですが、ヒューゴー賞受賞がうなづける深淵さです

内容的な元ネタかはわからないのですが、 作品の内容的にもエヴァの空気感と近しいものを感じる(あくまで感じるくらいのレベル)なので 面白いですよ。 20ページくらいの超短編なのに読みやすいかと言われたら微妙なんですが、ヒューゴー賞受賞がうなづける深淵さです

内容的な元ネタかはわからないのですが、 作品の内容的にもエヴァの空気感と近しいものを感じる(あくまで感じるくらいのレベル)なので 面白いですよ。 20ページくらいの超短編なのに読みやすいかと言われたら微妙なんですが、ヒューゴー賞受賞がうなづける深淵さです

@マンドリン松本

わたし「世界の中心で愛を叫ぶ」がネタだと思ってたんですよね…映画のやつ。2つとも比べて観て、なんも関係なかったw

user_private
マンドリン松本
わたし「世界の中心で愛を叫ぶ」がネタだと思ってたんですよね…映画のやつ。2つとも比べて観て、なんも関係なかったw

わたし「世界の中心で愛を叫ぶ」がネタだと思ってたんですよね…映画のやつ。2つとも比べて観て、なんも関係なかったw

@ぴっぴ

アニメ版だとセカチュウよりも時期的に早いですからね笑
「世界の中心で愛を叫ぶ」は、そうですね、よくつけたなぁって思いますね。
エリスン、庵野に続いて、いわゆる恋愛小説でっていうのは勇気がいるだろうなと

アニメ版だとセカチュウよりも時期的に早いですからね笑 「世界の中心で愛を叫ぶ」は、そうですね、よくつけたなぁって思いますね。 エリスン、庵野に続いて、いわゆる恋愛小説でっていうのは勇気がいるだろうなと

アニメ版だとセカチュウよりも時期的に早いですからね笑 「世界の中心で愛を叫ぶ」は、そうですね、よくつけたなぁって思いますね。 エリスン、庵野に続いて、いわゆる恋愛小説でっていうのは勇気がいるだろうなと

@マンドリン松本

エヴァの愛を叫んだけものもなかなか良かったですけどね!私は好きですね!

user_private
マンドリン松本
エヴァの愛を叫んだけものもなかなか良かったですけどね!私は好きですね!

エヴァの愛を叫んだけものもなかなか良かったですけどね!私は好きですね!

@ぴっぴ

アニメ版は愛をアイって変えていたので、そこらへんはやっぱりシンジ君のゲンドウからの自立みたいなものを表現したくて、愛だけでなくI(=私)って書いたのかなぁなんて思っているんですが、ただ、シンジ君が自己を主張したところで、結果として起こった人類補完計画って自立とかとは全くの無縁じゃないですか。

ただ、人類補完計画みたいなのってクラークの幼年期の終わりとかでもそうなんですけど、人間が高次の状態へ移行するときの描写としてはよくある手なので、大人になろうとしてシンジ君と人類を大人(高次の状態)にしようとしたゲンドウたちっていう二重のオイディプスコンプレックスみたいなものが絡み合ってて、現代的なテーマを描いたのかなぁって感じで楽しかったです。

ただ、ゲンドウに関しては、単純な人類補完計画に担い手ではないような気もしているんですが。

user_private
マンドリン松本
すこし関係ないけど、『ザ・ワールド・イズ・マイン』も、少なからず「世界の中心で愛を叫んだけもの」の影響受けていると思う。高次の存在とか、意味のないテロ的暴力とか。

すこし関係ないけど、『ザ・ワールド・イズ・マイン』も、少なからず「世界の中心で愛を叫んだけもの」の影響受けていると思う。高次の存在とか、意味のないテロ的暴力とか。

@成海

ザ・ワールド・イズ・マイン』初めて聞きました。
wikiであらすじを見てみたんですけど、「世界の中心で愛を叫んだけもの」の最初の無差別テロの描写と近そうだなと思いました、そして、高次の存在まで出てくるんですね。

「世界の中心で愛を叫んだけもの」でリアクション返ってくるだけで嬉しいですし、近しい作品があると知れるなんて最高です!もう、読みます!

user_private
マンドリン松本

マンバ内にトピ立ってましたね。
高次の存在というのは、ヒグマドンというやつでしょうか?ざっと見た感じめちゃでかいヒグマなのかなって感じでしたけど、なんていうか、圧倒的強者感はすごく感じました。

「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読んだんだけどにコメントする
『新世紀エヴァンゲリオン』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる