うらみちお兄さん

うらみちお兄さん

よい子のみんな~! 裏を知れば表が見える、それが人生だよ~! 「第3回 次にくるマンガ大賞」“Webマンガ部門”第1位! 「WEBマンガ総選挙」“インディーズ部門”第1位! Twitter&pixivで話題騒然の体操のお兄さんマンガが、50ページ以上の描き下ろしを加えてついに書籍化!! 教育番組「ママンとトゥギャザー」の体操のお兄さん・表田裏道(31)。爽やかだけど情緒不安定な“うらみちお兄さん”が垣間見せる大人の闇に、よい子のみんなはドン引き必至…!? 大人になった“よい子”たちに送る、哀しみの人生賛歌!
Landreaall

Landreaall

大樹に宿って火竜を封じる洞詠士マリオンを救おうとする王位継承候補者・DX(ディーエックス)の冒険の旅を描いた異世界ファンタジー。歌う樹が護る街・エカリープの次期当主・DXは、歌う樹に宿る洞詠士マリオンと出会い、彼女に恋してしまう。しかしDXに愛されるマリオンの魂が人間に近づくと、彼女が封じる火竜が復活すると知らされたDXは、マリオンの魂を解放する術を知るために冒険の旅へ出るのだが……!?
ヲタクに恋は難しい

ヲタクに恋は難しい

隠れ腐女子のOL・成海(なるみ)と、ルックス良く有能だが重度のゲーヲタである宏嵩(ひろたか)とのヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。『次にくるマンガ大賞2014』の“本にして欲しいWebマンガ部門”第1位、pixiv内オリジナルコミックブックマーク数歴代1位の大人気作品が多数の描き下ろしを加えて待望の書籍化。
宝石商リチャード氏の謎鑑定

宝石商リチャード氏の謎鑑定

酔っ払いに絡まれる美貌の外国人・リチャード氏を助けた正義。彼が国内外に顧客をもつ敏腕宝石商と知り、誰にも言えない曰くつきのピンク・サファイアの鑑定を依頼する。祖母が死ぬまで守っていたその宝石が秘めた切ない“謎”がリチャード氏により解かれるとき、正義の心に甦るのは…? 集英社オレンジ文庫の大ヒット作をコミカライズ! 美しく輝く宝石に宿る、人の心の謎を鮮やかに解き明かすジュエル・ミステリー!!
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/10/21
クライムを、人生を貴方と共に #完結応援
スポーツ物で、頂点目指して体を酷使し争う熱い物語が面白い、という事に、私も異論はありません。 しかし、オーバーワークの結果、怪我で競技を続けられなくなったり、心折れて競技自体を嫌ってしまったり……という話を聞く度に、もっと他の道はないの?と問いたくなるのもまた事実です。 クライミング競技の良い所は、トップを目指して凌ぎを削る世界がある一方、みんながそこを目指さずに、それぞれの達成度で「昨日の自分を乗り越える」喜びがある所だと思います。 その上で、『ぽちゃクライム』の主人公つぐみは、初心者ながらコンペに挑み、楽しさと緊張感、そして悔しさを抱き、ボルダリングにのめり込んで行く。 クライミングは個人の力でするけれど、その力は周囲の関係性から貰える力である……としゅう先輩の姉から語られる時、クライミングは単に勝敗を争う「競技」から、様々な関係性の中で歩んで行く「道」へと開かれて行きます。『ぽちゃクライム』では、つぐみとあいらが共に歩む道として、またはしゅう先輩となのこの過去と未来として。 スポーツ競技者の間に「関係性の物語」を丁寧に組み込んだ、きらめきに溢れる物語。クライミングも人生も、二人寄り添い励まし合い、進む喜び……こういう穏やかで明るいスポーツのあり方もいいなぁ、と思いました。
nyae
nyae
2020/09/29
"居場所"を見つける物語 #完結応援
ここに居たい、とかここに居ても良いんだと思える場所があると、人は自分を肯定できるし、幸福を感じるんだなと思います。 親友に裏切られ、傷つき、癒やしを求めて田舎へやってきた主人公の真由美は、常に「これでよかったのか」と思い悩みながら、必死に自分が居るべき場所を探します。 「東京から来た女性と、田舎に住む女性が出逢って、恋をしました。」という単純な話ではないところが非常に面白いのです。内容からすると、3巻では足りないのでは?と思ってしまうほど複雑な人間関係が描かれているのですが、そこはしっかり3巻で美しくまとめてくださってます。 さらに主人公2人以外に、もう一組のカップルが描かれています。妾の子として親からの愛を受けられず、家の中に居場所がない少女・阿島と、その異母姉妹のさくらです。 言ってしまうと、私は阿島とさくらの関係性のほうが読んでいてドキドキしました。この2人が主人公のスピンオフ、待ってます…!笑 それぞれが、何かから逃げた自分も、何かを受け入れられない自分も、全部肯定してあげたうえで、居場所を見つけていく姿を最後まで見守るような物語です。
ゆめぐりゆりめぐり

ゆめぐりゆりめぐり

4月、高校での新生活に胸を膨らませる温泉大好き女子・つばきは、足湯に入った黒髪美少女・ひよりを見て思わず「私と温泉行かないっ!?」と強引に誘い、友だちになる前からはだかのお付き合いをする関係に!? 喫茶店で出会った凪と夕夏も巻き込んで、彼女たちの温泉めぐりライフは波乱万丈です♪
割り切った関係ですから。

割り切った関係ですから。

アプリで出会ったオンナとオンナ。スクールカースト低めの綾は出会いを求めてマッチングアプリを使い、オトナな女性・KUROと連絡先を交換することに成功する。直接あったことのない二人は今日の食事や、趣味の話。そして自撮りを交換したり……。そんなある日、KUROの様子がおかしいことに気づき不安に思った綾は、彼女が住んでいるマンションにはじめて会いに行くが──。
すのはら荘の管理人さん

すのはら荘の管理人さん

そのかわいい外見から男扱いされてこなかった亜樹は自分を変えようとすのはら荘に入寮。しかしそこで待っていたのは管理人の春原彩花に心も体もかわいがられる毎日だった…! 年の差(おねショタ)ラブコメ決定版の第1巻、熱狂的な指示を受けついに発売。
ヲタクに恋は難しい

ヲタクに恋は難しい

隠れ腐女子のOL・成海(なるみ)と、ルックス良く有能だが重度のゲーヲタである宏嵩(ひろたか)とのヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。『次にくるマンガ大賞2014』の“本にして欲しいWebマンガ部門”第1位、pixiv内オリジナルコミックブックマーク数歴代1位の大人気作品が多数の描き下ろしを加えて待望の書籍化。
バーナード嬢曰く。

バーナード嬢曰く。

読むとなんだか読書欲が高まる“名著礼賛”ギャグ!本を読まずに読んだコトにしたいグータラ読書家“バーナード嬢”と、読書好きな友人たちが図書室で過ごすブンガクな日々──。『聖書』『平家物語』『銃・病原菌・鉄』『夏への扉』『舟を編む』『フェルマーの最終定理』……古今東西あらゆる本への愛と、「読書家あるある」に満ちた“名著礼賛”ギャグがここに誕生!!
うらみちお兄さん

うらみちお兄さん

よい子のみんな~! 裏を知れば表が見える、それが人生だよ~! 「第3回 次にくるマンガ大賞」“Webマンガ部門”第1位! 「WEBマンガ総選挙」“インディーズ部門”第1位! Twitter&pixivで話題騒然の体操のお兄さんマンガが、50ページ以上の描き下ろしを加えてついに書籍化!! 教育番組「ママンとトゥギャザー」の体操のお兄さん・表田裏道(31)。爽やかだけど情緒不安定な“うらみちお兄さん”が垣間見せる大人の闇に、よい子のみんなはドン引き必至…!? 大人になった“よい子”たちに送る、哀しみの人生賛歌!
春の呪い

春の呪い

妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった。 妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになり―…。 妹の心を奪った男との季節が巡り始める。 新鋭が贈る話題の初連載作、待望の第1巻!!

人気クチコミ

あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/10/21
クライムを、人生を貴方と共に #完結応援
スポーツ物で、頂点目指して体を酷使し争う熱い物語が面白い、という事に、私も異論はありません。 しかし、オーバーワークの結果、怪我で競技を続けられなくなったり、心折れて競技自体を嫌ってしまったり……という話を聞く度に、もっと他の道はないの?と問いたくなるのもまた事実です。 クライミング競技の良い所は、トップを目指して凌ぎを削る世界がある一方、みんながそこを目指さずに、それぞれの達成度で「昨日の自分を乗り越える」喜びがある所だと思います。 その上で、『ぽちゃクライム』の主人公つぐみは、初心者ながらコンペに挑み、楽しさと緊張感、そして悔しさを抱き、ボルダリングにのめり込んで行く。 クライミングは個人の力でするけれど、その力は周囲の関係性から貰える力である……としゅう先輩の姉から語られる時、クライミングは単に勝敗を争う「競技」から、様々な関係性の中で歩んで行く「道」へと開かれて行きます。『ぽちゃクライム』では、つぐみとあいらが共に歩む道として、またはしゅう先輩となのこの過去と未来として。 スポーツ競技者の間に「関係性の物語」を丁寧に組み込んだ、きらめきに溢れる物語。クライミングも人生も、二人寄り添い励まし合い、進む喜び……こういう穏やかで明るいスポーツのあり方もいいなぁ、と思いました。
たか
たか
2019/12/16
全人類必読の巨大感情がここにある
皆さんは「宝石商リチャード氏の謎鑑定」という小説をご存知ですか?私は結構前に本屋で雪広うたこ先生の美麗な表紙を見かけて以来、存在は知ってはいました。 2020年1月9日よりTVアニメが放送されるとのことで、これは予習せねばと思い、つい先週初めて第1巻を読んだんです。 いや、もう、ほんっっとにヤバくて…!! **「なんでこんなすごいものがあるって皆教えてくれなかったの……?」 「というか、なんでこんなすごいのにまだ世に全然知られてないんだよ…!?!!」** …と衝撃を受けました。 先に述べておきますが、**2人のキャラ設定だけ見て、キャラ付けが先行した中身ペラペラの女性向け作品(英語で言うならfujobait=腐女子の餌)のように思った人、その先入観は大きな誤りです。大損こきますのでどうぞ認識を改めて下さい。** この作品がどんな物語なのかざっくりまとめると、**「日本人以上に美しい日本語を操り、宝石の知識に富み、心の機微に通じデリカシーがありまくるジュエリー・エトランジェの店主・リチャード氏とお茶くみの正義くんのお仕事漫画」**です。 タイトルにもある、持ち込まれる宝石や依頼人の状態から、の背景事情を推察する「謎鑑定」のパートは、まさに謎解きの風情たっぷり。 そして宝石・ジュエリーの解説がしっかりしていて面白いのはもちろんのこと、何よりこのメインキャラクター2人の関係性がとにかくヤバい(語彙力) 高田馬場にある大学に通う主人公・正義(せいぎ)くんと空前絶後の美貌と言語能力を持つ宝石商・リチャード氏。 2人は初対面から少しずつ関係を構築していくわけですが、その距離の詰め方が、本当に思いやりに満ちていて奥ゆかしくて、人情を解し繊細で丁寧で温かい。 心配りに長けたリチャードと、その姿を見て上品な気遣い・思いやりを学んでいく正義。 冗談抜きに、2人の感情のやり取りは永遠に見ていられます。 そして細かいことは省きますが、**2人の間には互いに大切に思い合う、恋愛や親愛を超越したいわゆる『クソデカ感情』が生まれ、それがもう…あまりにも美しく尊い…。** もはや「宝リチャ」以前の自分を思い出すことができません。 **というか私は今後の人生でこの2人以上の超弩級巨大感情を抱えた2人組に出会える気が全くしません。**そのくらい、この2人の間にある思いというのは強く美しい。 (原作読んで衝撃を味わってほしいので、具体的なことは何も懸けません…とにかく読んで下さい…) さて、アニメ化と同時に始まったこのコミカライズは、原作の素晴らしさの片鱗を存分に感じさせてくれます。第1話は2人の出会いのシーンで、メインPVよりちゃんとビールをかけられた様子がわかりやすくなっててよかったなと思います。 (原作ファンとして「あれも描いて…!」という要望は山のようにあるのですが、それは世のあらゆる他のコミカライズと同様に無限に出てくるし、決して叶うことのない無益な願いなので、胸に秘めておきます) 今後「漫画版・宝石商」が物語を紡いでいく中で、原作と同じ部分・違う部分が出てくることと思います。その差異を楽しみながらエトランジェの2人を見守り、そしてコミックスを買ってしっかり貢いでいきたいです。 【TVアニメ公式】 https://youtu.be/nIpDFNCNrU8 https://jeweler-richard.com/ 【シリーズ公式】 http://orangebunko.shueisha.co.jp/book/series/%E5%AE%9D%E7%9F%B3%E5%95%86%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E6%B0%8F%E3%81%AE%E8%AC%8E%E9%91%91%E5%AE%9A
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/08/19
単行本派に贈るバラエティ豊かな百合短編集 #1巻応援
百合姫本誌を買ってない人は、是非読んでみていただきたい読み切り短編集。2018年〜20年までの掲載作。物語の多様さに百合ジャンルの広がりが見て取れる一方、絵柄は「百合姫らしさ」を感じるものが多く、美しくて読みやすい一方、もっとバリエーションがあってもいいかな…と思うと、時々ちょっと異質な絵柄が登場したりして、全体として飽きが来ない。 —— 各作品の感想を、ツイッター漫画のタイトル風に+一言感想で。 ●君とゆく、(嶋水えけ先生) 己の空虚に絶望した少女がお嬢様に世界を教える百合/互いに足りないものを与え合い、支え合う関係性尊い。 ●スノウトーク(純玲先生) 失声の演劇部員が恋したお姉さんと発声練習する百合/声がよく通りそうな冬と、春の訪れによる変化が印象的。 ●渚にて。(tsuke先生) 海が好きな内気女子と唯一の友人が海に佇む百合/最後のシーンに向けて静かに穏やかに進む感じがたまらない。 ●蔓日々草(さかなや先生) 友人の結婚式のドレスを選びながら友人を手放す百合/愛とか恋とかじゃない関係性でもこんなに尊い。泣けるわぁ… ●わたしのこい(のちむゆ先生) 幼馴染の気を引きたくて市販薬で体調悪くなる百合/執着が昏くて重い、そして切ない。薬を悪用している感じが昏さを増す。 ●あの日の続きをしましょうか(もくはち先生) 私に恋する女子高生の情報に聞き覚えがある百合/十数年後に突きつけられる恋と間違い。どんな感情も間違いということはない。 ●ハイドアンドスイーツ(つつい先生) 恋に恋する女の子が現実の恋の怖さを知る百合/それに気づけたこと、教えてくれる存在の大切さ。最後ほっとした。 ●桜日和のへたれなワンコ(辻柚那先生) 姉が担任になったら親友が姉に惚れたかも百合/これは短編にするのが勿体無いかも。姉と妹、親友との過去が見たい。 ●絵の具の匂いがした(柏木ツキコ先生) 絵のモデルをするうち変な先輩に惹かれる百合/自分の無い人が、独特で強い意志を持つ人に惹かれる話は、先を読みたくなる。 ●お誕生日おめでとう。(さかさな先生) そっくりな親友が同じでいたいのに変わっていく百合/思春期の頃の親密さの、距離感の複雑さと切実さに心を揺さぶられる。 ●ないしょの向日葵(篠ヒロフミ先生) 恋人に真面目に進路を考えろと叱られる百合/好きな人の眼差しに触れて変わろうとする成長譚尊すぎる…真剣さは人それぞれ。 ●軽木さんと荒重さん(日野アラシ先生) 軽薄女子と想いが重い女子が恋愛話する百合/全く価値観の異なる者同士が互いにツッコミ合うトークがたまらなく笑える。
もっとみる

最新クチコミ

あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/10/21
クライムを、人生を貴方と共に #完結応援
スポーツ物で、頂点目指して体を酷使し争う熱い物語が面白い、という事に、私も異論はありません。 しかし、オーバーワークの結果、怪我で競技を続けられなくなったり、心折れて競技自体を嫌ってしまったり……という話を聞く度に、もっと他の道はないの?と問いたくなるのもまた事実です。 クライミング競技の良い所は、トップを目指して凌ぎを削る世界がある一方、みんながそこを目指さずに、それぞれの達成度で「昨日の自分を乗り越える」喜びがある所だと思います。 その上で、『ぽちゃクライム』の主人公つぐみは、初心者ながらコンペに挑み、楽しさと緊張感、そして悔しさを抱き、ボルダリングにのめり込んで行く。 クライミングは個人の力でするけれど、その力は周囲の関係性から貰える力である……としゅう先輩の姉から語られる時、クライミングは単に勝敗を争う「競技」から、様々な関係性の中で歩んで行く「道」へと開かれて行きます。『ぽちゃクライム』では、つぐみとあいらが共に歩む道として、またはしゅう先輩となのこの過去と未来として。 スポーツ競技者の間に「関係性の物語」を丁寧に組み込んだ、きらめきに溢れる物語。クライミングも人生も、二人寄り添い励まし合い、進む喜び……こういう穏やかで明るいスポーツのあり方もいいなぁ、と思いました。
もっとみる

無料で読める

Kindle Unlimited