5巻までは読まないといけないかもしれない
user_private
名無し
4ヶ月前
クセの強い作品なので好みは分かれそうだな〜と思いつつ14巻出ているのは納得。主人公のこじらせ具合とか、陣営に所属しながら個人プレーする感じとか個人的には『惑星のさみだれ』を思い出しながら読んでた。序盤ノリきれないのもちょっと似てる。 自分は5巻で善の廻り者と悪の廻り者の構図がグラっと揺らいで一気に引き込まれたのでピンとこなかった人もそこまでは読んでほしいかも。この辺りで前世の記憶に乗っ取られて動いてしまうこととか、色々引っかかってたことも俎上に載って一気に面白くなる。 FGOのサービス開始よりこっちの連載が先なのも初めて知った。兄貴のデザインとか立ち位置とか、図らずもなんとなくカブってる要素がFGOにあるのも面白いところ。
リィンカーネーションの花弁
才能が憑依する「廻り者」たちの偉人バトル
さいろく
さいろく
4ヶ月前
これは終末のワルキューレがブレイクしてきた今でこそ流行るべきなのでは、と思うのだけどどうだろう。 先を行き過ぎたのか、それとも「運」という才能に差があるのか こういう能力者バトルものっぽいのはジャンルはなんていうんだろう? 文豪ストレイドッグスみたいにきれいにまとまったのもあれば、終末のワルキューレみたいに直球だけで勝負するものもあるけど、近しいものを感じる作品。 バトルがメインでもあり、主人公が無能力なところからスタートする感じは今でこそよくあるけど、これが連載開始時はそんなに多くはなかったと思う。 サイコっぽいダークな雰囲気もあって好き。
リィンカーネーションの花弁