第二次世界大戦の時代の出来事を描いた作品で、読んでおくべき戦争漫画はありますか?
反戦とか戦争賛美の思想は問いません。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>

ある惑星の悲劇~ヒロシマ被爆者の記録~
被爆者の証言をもとに原爆の悲劇を描いたマンガ

12ページ 昭和20年8月6日、運命の日の朝、広島の空はぬけるように高く、太陽はいつものように照りつけていた。そして、8時15分......、空襲警報のサイレンが鳴っていないなか、なぜかB29爆撃機のエンジン音が聞こえ......。「わたしは広島に原爆が投下されたとき爆心からわずか900メート...


これも戦中らしき世界を舞台にしてますが、どうなんですかね。
時代設定も舞台も描いてないんで、史実とは無縁の異世界という可能性も
ありますが。

マンバ通信で知ったマウスは読んでおくべきだろうか。

完全版 マウス ――アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語

昨年1年間、マンバ通信の「海外マンガだってマンガなんですけど―邦訳で読む10年代の世界マンガ」という連載を通じて、2010年代に出版された海外マンガを紹介してきた。筆者がグズグズしていたせいで結局8作品しか紹介できなかったが、それでもヨーロッパ、アメリカ、アジアと、世界に多様なマンガが存在して...

もっとアウシュヴィッツを描いた漫画を読みたいのだけど、日本の漫画だとあんまりないんだよね

[グラフィック版]アンネの日記

イスラエルの作家が描いた『アンネの日記』の漫画版。日本の学習マンガにもアンネ・フランクを描いた伝記漫画はいくつかあるが、この本は圧倒的に凄い。

ヤングアニマル特別編集 戦後70周年記念ムック 漫画で読む、「戦争という時代」

この前完結した武田一義ペリリュー ─楽園のゲルニカ─のプロトタイプっぽい「ペリリュー玉砕のあと」が掲載されている

小林よしのりの「戦争論」

良くも悪くも日本の思想に変化を与えた一冊。
この本自体は嫌いだが、こういう考えに対して免疫をつけるため、あるいは自分の歴史認識を確認するためにも、読んでおいても損はないと思う。

平和祈念展示資料館のオリジナル作品

森田拳次「満州からの引揚げ 遥かなる紅い夕陽」
森野達弥「戦後強制抑留 シベリアからの手紙」

どちらもWebで読めるのでぜひ。

戦後強制抑留と満州からの引揚げの様子を、史実および実体験者からの複数の証言をもとに作成した、平和祈念展示資料館オリジナル作品「シベリアからの手紙」と「遥かなる紅い夕陽」を、デジタルブック方式でご覧いただけます。PCまたはスマートフォン(iPhone・Android)からご利用ください。※携帯電...

ほかにも公共サイトで読める漫画あった

NHK「マンガで学ぶ戦争体験」作画・新里堅進

ホーム " マンガで学ぶ戦争体験 子どもたちが昭和の戦争の時代を、そして戦争の体験を学ぶために、マンガの連載を始めました。サイト上のマンガのコマから、戦争体験の動画や当時のニュース映画、番組の動画を再生して見ることができます。 ...

総務省「まんが子ども太平洋戦争物語」作画・藤田貴美など

先の大戦において、度重なる空襲などにより、多くの一般市民が犠牲となりました。この痛ましい戦災の記憶、傷跡も歳月の経過とともに風化し、忘れられようとしています。子どもの視点から戦時下の一般の市民の生活の様子、空襲などの戦災の事実を現代の同じ年齢層に知っていただくため、総務省では、平成19年度まで...

ほかにも公共サイトで読める漫画あった NHK「マンガで学ぶ戦争体験」作画・新里堅進 https://www.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/comic/ 総務省「まんが子ども太平洋戦争物語」作画・藤田貴美など https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/virtual/comic/index.html

ほかにも公共サイトで読める漫画あった NHK「マンガで学ぶ戦争体験」作画・新里堅進 https://www.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/comic/ 総務省「まんが子ども太平洋戦争物語」作画・藤田貴美など https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/virtual/comic/index.html

@名無し

2016年にネットでバズった「原爆に遭った少女の話」が国際平和拠点ひろしまのHPで途中まで読める

原作/児玉豊子 漫画/さすらいのカナブン     「ワシが見たものを描いてくれ」 少女運転士だった祖母の [...]

Kindle

魚乃目三太
ちらん -特攻兵の幸福食堂-

戦争めし

両作品ともドラマ化された。

ちばてつや×魚乃目三太の『ちば少年の引き揚げめし』がおすすめ。

今日マチ子cocoon』『いちご戦争』『アノネ、』『ぱらいそ
画風は全く違うけど水木しげる作品から影響を受けて戦争マンガを描いてるそう。

戦後72年。かの戦争体験の声が次第に聞けなくなっている今、証言者たちの"孫世代"の中に、声を拾い、研究を深め、表現をする人たちがいる。  戦争から遠く離れて、今なぜ戦争を書くのか――。 ...

ラーゲリ〈収容所から来た遺書〉のコミカライズ

極寒、飢餓、重労働に屈しなかった男たちの物語。戦後、シベリヤ抑留中に起きた奇跡の実話を完全コミカライズ。日曜日更新。第2回は8月22日(日)17時に更新予定です。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
読んでおくべき戦争漫画は?にコメントする