あらすじ

生川バレエ学校、サマースクール最終日―― 五代バレエスタジオに残ることに決めた潤平は、サマースクールのヴァリエーション発表を欠席し、失踪した流鶯を追うことに。想いが通じ合った都とふたり、流鶯の行く先を目指すが、その道中、流鶯の悲しい過去を聞く。何かを選ぶことは、何かを捨てること―― バレエに人生を捧げた、三人の少年少女。それぞれの道へと進むべく、砂浜で、三人のラストダンスが始まる――!!