icon_reread
また読みたい
フォロー
吾輩の部屋である(1)
都内某所の一室。部屋にいるのは、そこで一人暮らしをする大学院生の鍵山哲郎……………… のみ。誰にも邪魔されない空間で、彼の思考は今日も虚空を彷徨っていく…… 全ての一人暮らしの人に捧ぐ、哲学系部屋コメディー第1巻!!!
吾輩の部屋である(2)
部屋で一人で… ホットケーキ。 部屋で一人で… 自転車の修理! 部屋で一人で… 恋の駆け引き…!? 都内某所の一室で、家具達の愛のあるツッコミに支えられつつ… 鍵山哲郎の哲学的奮闘は続く…!! 担当より「部屋でできる面白い事は全部やろう!」 …という意欲(?)作、第2巻です。主人公・哲郎の想い人・植村さんとの関係は、今巻もじり… じり… っと進展します。
吾輩の部屋である(3)
都内某所の一室で、一人哲学的思考に耽る 鍵山哲郎(大学院修士1年)。彼と家具だけの、平和で完結した生活は続く。しかし、季節は巡りクリスマス… そんな日常に大異変が起こるかもしれない可能性も否定出来ない… 哲学系部屋コメディー第3巻!!
吾輩の部屋である(4)
偶発的に部屋に訪れた想い人・植村さんに、突発的に愛の告白をしてしまった哲郎…! 果たしてその返事は…!? さらに、大学院生としての平穏無事なアパート暮らしにも 大変革が起こってしまう予感…! そこにあるのは自分と家具のみだが… 状況は劇的に変化する、哲学系部屋コメディー!!
吾輩の部屋である(5)
天文学的確率を乗り越え、奇跡的にも植村さんと付き合う事になった哲郎。しかしその直後、哲郎は悲劇的にも恋人の元を離れ群馬での研究生活を送る事に… 彼女からは100km程隔たり、後輩と二人で研究生活。……しかも女性。そこから導き出される答えは…!? 哲学系部屋コメディー第5巻!!
吾輩の部屋である(6)
哲学系コメディー… 最終巻!! ある日突然、群馬から東京へと戻ってきた哲郎。舞台は再び都内某所の一室。修士論文は書き終わるのか? 就職先は決まるのか? 恋人・植村さんとの将来は…? 色々な問いに答えが出る、哲学系部屋コメディー最終巻!!