高尾じんぐのプロフィール

高尾 じんぐ(たかお じんぐ、1983年7月31日 -)は、日本の漫画家。男性。血液型はB型。第5回YGコロシアム・ブロンズ賞受賞。

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
ふらりゲストハウス

ゲストハウスを巡る編集者 #1巻応援

ふらりゲストハウス 高尾じんぐ
兎来栄寿
兎来栄寿
『くーねるまるた』の高尾じんぐさんの新作『おひゃくどまいり』と同時発売となった、2017〜2020年に『バーズ』や『comicブースト』で掲載された作品です。 マンガ編集者で日々激務をこなす主人公が、癒しを得る趣味として国内各地のゲストハウスを巡っていく作品です。 面白いのは、登場するゲストハウスはすべて実在するところとなっていて、その気になれば聖地巡礼も行ける仕様です。更に、単行本化にあたっては2024年5月現在の情報も記載されています。 3話に登場する泊まれる図書館のような「Book Tea Bed」は、麻布十番店は残念ながら閉店してしまったものの、渋谷・新宿御苑・伊豆大島にも展開されているなど。 それぞれの宿ごとに、そこにいる人々や施設の特色が強くあるので実際にいろいろなところを巡っている気分にもなれて楽しいです。 また、ゲストハウスといえば一期一会。初対面の外国人とも食事やお酒を介して楽しい交流をする一幕も。旅の魅力と共通する部分でもあり、良いなと思います。これが海外だと治安の面で警戒が必要になりますが、日本国内であれば女性ひとりであっても余程のところでなければ大丈夫だろうと思えます。逆に、もし海外の人がこの作品を読んだらこの治安の良さはファンタジーかと思われるかもしれません。 毎回出てくる、癖の強い漫画家たちのキャラクターも好きです。コロナ禍も挟まってしまい難しくなってしまった部分もあったのかもしれませんが、個人的にはもっともっと続いていろいろなゲストハウスや漫画家たちの苦悩を見てみたかったです。 ただ、普通の紙の単行本で出すには少しページ数が足らない作品を、こういった形で多少値段を下げて電子限定でも出してもらえるのは嬉しいです。 高尾じんぐさんのかわいい絵柄で、画的な情報量もちょうど良く読みやすいです。 いろんな場所や宿泊施設を巡るのが好きな方、編集者のお話が好きな方にお薦めします。
土曜日のランチメイト

「半ドン」の土曜午後、調理室で秘密のランチ #1巻応援

土曜日のランチメイト 高尾じんぐ
sogor25
sogor25
舞台は土曜日の午前中にも学校があった1990年代のとある中学校。 クラス委員長の2年生・高野真穂にはある秘密がありました。 それは、土曜日の授業が終わったあとのお昼に調理室にこっそり忍び込んで、そこでお昼ごはんを作って食べているということ。 しかしある日、いつものように調理室で1人お昼ごはんを食べているのを同じクラスの野球部の男子・宮森航太に見つかってしまいます。 それをきっかけに、毎週土曜に調理室にやってくるようになった航太と、彼と一緒にお昼を食べることになる真穂の様子を描いた作品です。 密かな楽しみであったお昼の時間を邪魔されたくない真穂と、ただ部活前においしいお昼が食べたい航太。 2人は最初はいがみ合っていましたが、真穂のマジメな性格と航太の無邪気さが予想外に噛み合い、次第にまるで夫婦のようなやりとりをし始める、そんな様子が微笑ましい作品です。 また、作中で描かれているのは一見すると現代と同じような中学校の風景なんですが、よく見てみると1990年代らしい描写がいろんな所にあって、読む人によってはどこか懐かしい、ノスタルジックな雰囲気を感じるかもしれない作品です。 1巻まで読了
先月の新刊を語る会【2019年3月発売新刊漫画】
高尾じんぐ 『コロコロ創刊伝説』(4)のむらしんぼ 『茶の湯のじかん』(1) pikomaro/早川光 『極彩の家』(5) びっけ 『ヒーローさんと元女幹部さん』(1) そめちめ 『舞妓さんちのまかないさん』(9) 小山愛子 『ルミナス=ブルー』(1) 岩見樹代子 『ゆりあ先生の赤い糸』(3) 入江喜和 『こりせんまん』(1) 田川ミ 『淡島百景』(3) 志村貴子 『天国大魔境』(2) 石黒正数 『サチのお寺ごはん』(6)久住昌之/かねもりあやみ 『Lily lily rose』(2) 紺野キタ 『古見さんは、コミュ症です。』(12) 小田智仁 『ボンバボーイ』(1) 瀬戸ミクモ 『初恋ゾンビ』(15) 峰浪りょう 『白米からは逃げられぬ ~ドイツでつくる日本食、いつも何かがそろわない~』白乃雪 『ホーキーベカコン』(2) 笹倉綾人/谷崎潤一郎 『宝灯堂機譚』(4) 佐々木尚 『ビブリオコレクト』(1) 明日香さつき/蒼月海里 『3インチ』 (2) 多口はじめ 『約束のネバーランド』(13) 出水ぽすか/白井カイウ 『靴ずれ戦線 ペレストロイカ』(2) 速水螺旋人 『魔法? そんなことより筋肉だ!』(2) 小野寺浩二/どらねこ 『賭ケグルイ』(11) 河本ほむら/尚村透 『進め!ギガグリーン』(2) 藤木俊 『節約ロック』(2) 大久保ヒロミ 『紺田照の合法レシピ』(8) 馬田イスケ 『めしにしましょう』(7) 小林銅蟲 『ガイコツ書店員 本田さん』(4) 本田 『黄金のラフ2~草太の恋~』(12) なかいま強 『忘却バッテリー』(3) みかわ絵子 『アサギロ~浅葱狼~』(19) ヒラマツ・ミノル 『東京城址女子高生』(2) 山田果苗 『僕は君を太らせたい!』(2) 茸本朗/横山ひろと 『チェイサー』(6)コージィ城倉 『ハイスコアガール』(10) 押切蓮介 『老猫ユキポンと漫画家父ちゃんのお仕事なし』(1) 東和広 『団地ともお』(33) 小田扉 『ヲタクに恋は難しい』(7) ふじた 『三白眼ちゃんは伝えたい。』(2) 空翔俊介 『あー、もう! 可愛いなぁ!! おかわり』空翔俊介 『先輩が忍者だった件』(1) クサダ 『出かけ親』(1) 吉田戦車 『見上げると君は』(2) 小堀真 『スーパーベイビー』(1) 丸顔めめ 『メランコリア』(上下) 道満晴明 『ロストフード』(1) 赤名修 『銃座のウルナ』(7) 伊図透 『はじめてのひと』(4) 谷川史子 『ノー・ガンズ・ライフ』(8) 烏丸匡 『チェンソーマン』(1) 藤本タツキ 『覆面系ノイズ』(18) 福山リョウコ 『ボクらは魔法少年』(2) 福島鉄平 『田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる』(1) びみ太 『しずまれ! ヴィンセント』(1) かいれめく 『ロマンスの騎士』 (3) 武富智 『上野さんは不器用』(6) tugeneko 『キツネと熊の王冠(クローネ)』中村哲也 『ちはやふる』(41) 末次由紀 『卑弥呼 -真説・邪馬台国伝-』(1) リチャード・ウー/中村真理子 『着たい服がある』(2) 常喜寝太郎 『生理ちゃん』小山健 『出水ぽすかアートブック ポ~ン』 出水ぽすか 『KILLER APE』(1) 河部真道 『錦糸町ナイトサバイブ』(1)(2)松田舞 『CITY』(7) あらゐけいいち 『ホクサイと飯さえあれば』(8) 鈴木小波 『先輩の顔も三度まで』位置原光Z 『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』(1) 麻生羽呂/高田康太郎 『プリズムの咲く庭 海島千本短編集』海島千本 『アルティストは花を踏まない』小日向まるこ 『難解な腐女子 ~生命の数だけ性癖はある~』(2) かおもじ 『きのう何食べた?』(15) よしながふみ 『マジスター 見崎先生の病院訪問授業』山本純士/棚園正一 『鬱ごはん』(3) 施川ユウキ 『エルフと狩猟士のアイテム工房』(2) 葵梅太郎 『賢者の学び舎 防衛医科大学校物語』(3) 山本亜季 『ハーン ‐草と鉄と羊‐』(6) 瀬下猛 『Change!』(4) 曽田正人/冨山玖呂 『傘寿まり子』(9) おざわゆき 『部長が堕ちるマンガ』 中村朝 『こじらせ☆ルサンチガール』 裏ロジ 『うちの妹は顔真っ赤。 ~ゲームライフ365~』 すおしろ 『疑似ハーレム』(1) 斉藤ゆう 『ダディダーリン』菅辺吾郎 『ロストバージン』那木渡 『獣人さんとお花ちゃん』 柚樹ちひろ 『抱かれたい男1位に脅されています。』(6) 桜日梯子 『ヤンキーの津田くんは生徒指導の増田先生と仲が悪い』多賀 ■ 海外マンガ 『P.T.S.D.』 『SACCAGE』 『LES BRÛLURES』 『BOULE DE FEU』 『La ZAD』 ■ そのほか・雑誌・3月以外の新刊 『さんかく窓の外側は夜』(7) ヤマシタ・トモコ(4月新刊) 『狂い鳴くのは僕の番;β』(2) 楔ケリ(2月新刊) 『ミッドナイトレイン』CTK 『半神 自選短編作品集』萩尾望都Perfect Selection 9 『月刊flowers』5月号 『萩尾望都スペースワンダー 11人いる! 復刻版』
情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この著者に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。