正義側じゃなくて、悪の組織側がストーリーの軸だけど、悪は組織としてしっかりブラックなのがいい。そんで組織改革をただの一般人に依頼するところが面白いですね(ただコメディ色はほぼ無い)。主人公が悪の組織に協力する理由は、ただ娘が死んだのは単なる事故ではなく戦闘が原因であることを突き止めること。いろんな思惑が交差する感じ、ワクワクします。

はたらく細胞BABY

はたらく細胞BABY

ママのおなかにいる時から、赤ちゃんの体内では細胞たちが働いている!! 「酸素ってどこに運べばいいの!?」「胃にいきなり入ってきた白い液体、これなに!?」「バイキンたちがくる!逃げなきゃー!!」みんな、生まれて初めての仕事。右も左もわからない。それでも体を守るため、一生懸命、働いている!! 赤ちゃんの寝返り一つにも、裏には細胞たちの頑張りがある! 忙しいママとパパ、そしてかつてBABYだったすべての人に捧ぐ、乳児体内擬人化漫画!

ぶらっくからーあくのそしきをまねじめんと
ブラックカラー~悪の組織をマネジメント~
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
ブラックな悪の組織をマネジメントして世界征服!?にコメントする