昨年映画をみて、GWの長期休暇中に原作も再読したところに、このコミカライズと出会う・・・絶賛『燃えよ剣』に絡め取られております。

が、どのメディアでも土方は格好良くて、シビレてます。

内容については、原作が有名だし、新選組の副長「土方歳三」も有名だし、ある程度認知はあるかなと思うのですが・・・
あえて本作の魅力を上げるとすれば(1巻時点ですが)、『燃えよ剣』の土方歳三を忠実に再現していること。
原作ファンも十分楽しめる点だと思います。

私的に『燃えよ剣』の土方歳三の魅力は、怜悧冷徹な鬼の副長、戦術の鬼才としての名参謀的な面だけでなく、根っからの「喧嘩師」としての側面が魅力だと思っているんですよね。
駆け引きとかではなく、拳と拳、意地と意地。

身分制度から武士になれない、何ももたない人間だからこそ、戦って勝つことだけに自分を見出した喧嘩一本の生き様。

最初から最期まで、対人だけでなく、それこそ国に対しても喧嘩している感じ。
これが格好いいんすよね。

本作は、そんな土方の満たされない、腹に煮え切らない何かをもって泥臭く戦う様がありありと描かれていて、原作ファンとしてはたまらなかったです。

原作ファンも、土方ファンも、ぜひご一読してみてください。

余談ですが、降伏して明治政府の新体制で獅子奮迅の活躍をした人間よりも、降伏せず最期まで抵抗した土方歳三みたいな人間にロマンを感じるのは、不思議なものですね。

実際に、現場にいたら「めんどくせーやつだなー」とか言っちゃいそうなのに、歴史だと格好いい。
やはり人間は成したものと同じくらい生き様に惚れるのでしょうね。

やっぱり土方は格好いい#1巻応援にコメントする
『燃えよ剣』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる

参加中のキャンペーン