ひょんなことから祖父が営んでいた神保町の古書店を継ぐことになった百木田家の三姉妹。といっても長女は会社員、三女は高校生なので、元から本好きな次女が仕事を辞めて店主として切り盛りを任されることになります。
古書の知識も乏しいうえに売上もほぼなく経営難のなか、となりの怪しげな古書店のスタッフの男と知り合ったが…という1話。その男が三姉妹にどんなふうに関わってくるのか気になるところ。そんな冬目景新連載

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
お姉ちゃんがずっと片想いしてる相手もそのうち出てくんのかな

お姉ちゃんがずっと片想いしてる相手もそのうち出てくんのかな

@名無し

妹から「絶望的な恋」って言われるとかどんな人なんだ都筑先輩は

台湾でブツの受け渡しってなんだろ?珍しい古本とかじゃなさそう?

台湾でブツの受け渡しってなんだろ?珍しい古本とかじゃなさそう?

@名無し

結局珍しい古本だったのかよ〜!全然怪しくないじゃん(笑)

1巻:tada:
特典も冬目先生のサイン入りグッズもほしい


中学時代からの縁だったのか。その頃からずっと変わらないから好きなんだろうな。

中学時代からの縁だったのか。その頃からずっと変わらないから好きなんだろうな。

@名無し

先輩の彼女とも中学時代からの知り合いなのかよ…。言いたかないけどこれは不毛な恋だねぇ。藤吉さんいい人そうだったしさ。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
神保町の古書店を継いだ三姉妹の物語にコメントする
user_private
『百木田家の古書暮らし』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ