鳴海の職場には、ネットで調べなくても、専門書を読まなくても、色々知っている人がいるので、勉強になるなぁ。
那須田君は、鳴海に好意を持っているものの口走る言葉がとってもサド的。
鳴海の親戚のお墓に一緒に行ったり、実家に行って父親に物申す感じも面白い。それによって、鳴海は、那須田君に全てをさらけ出す感じになっている。誰よりも、もしかしたら本人よりも鳴海を知っている那須田君。ちょとキモイ。
そして、鳴海の同僚の、松岡さんはの発言は、かなりのリアル感をあり。
この本には、今まで誰にも聞けなかった内容が詰め込まれているので、是非、一読してほしい。

ためになる本です。にコメントする
『ひとりでしにたい』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる
05/26(木)まで
読める!
また読みたい
フォロー