村田ひろゆき氏、入魂の一作

一番下のコメントへ

といっても、それなりの年齢のある方にはこの村田ひろゆき村田ひろゆきという名前にそれ程いい印象は持ってない人も多いだろう。
なんせ代表作の工業哀歌バレーボーイズ工業哀歌バレーボーイズは超が付くほど下品なギャグ漫画で、バカでエッチな男子高校生のアホな日常日常を時折青春や人情を感じさせる話を交えつつ描いていた作品で
その下品さと御世辞にも上手くはない絵、良い話もあるとはいえ、人を選ぶ作風だった(とはいえ50巻に渡り連載されたように人気は有った)のは間違いない。
しかしその村田ひろゆき氏は2010年に癌と闘病中であることを告白し、背筋がうすら寒くなるような闘病漫画をあっけらかんと載せ、そうして復帰後に描かれたのがこの医者漫画であるドクター早乙女ドクター早乙女である。
絵や時折でる下品なギャグこそ村田作品らしいのだが、死線を彷徨ったのを嫌でも感じさせる病院や病気の強烈な描写…
医療漫画なのに監修無しという作者の気合いを感じまくった姿勢が内容からビシバシ伝わってくる。
紙版では「馬鹿でエッチな漫画を描いてた村田でーす」等と自虐していたが、この作品から感じる気迫は正直その「バカでエッチな漫画を描いていた」過去があるのは間違いない、バカでエッチな漫画を描いていた村田ひろゆきが、癌で死に掛けた後に医者物描いているという事実は正直空恐ろしさすら感じさせる。
基本的には優れた医療技術を持つが、ぶっきらぼうで口の悪い早乙女医師が病院内でであう様々な患者や事件を、新人の姫野看護師の目を通して見ていく作品で、村田流の下品さは姫野看護師が女性という事もあり、不快に感じてツッコミを入れている分、印象としてはバレーボーイズ時代より緩和されている。
病院勤務とはいえ医療技術といい、アウトロー臭さといい、かなりブラック・ジャックブラック・ジャックを意識したキャラと作風だが、あちらに比べるとあっけなく失われる命も多く描かれているが、架空の症例も多いあちらと違い現実的な症例に終始しており、バレーボーイズでも描かれた人情もの的な作風はある種の生々しさを出している。
画風も下品さも含めて正直まだまだ人を選ぶ作風だとは思うが、間違いなく作者入魂の一作、出来れば1話だけでも読んで欲しい。

村田ひろゆき氏の漫画「ころがし亮太」と「ドクター早乙女」は好きな漫画ですね。医療漫画は十数種類は読んだけど、他のとは一風違う感じの漫画だが、そこが又良い。医療漫画の中では一番人情味が感じられる、ある意味「素晴らしい良作」だと思います。

村田ひろゆき氏の漫画「ころがし亮太」と「ドクター早乙女」は好きな漫画ですね。医療漫画は十数種類は読んだけど、他のとは一風違う感じの漫画だが、そこが又良い。医療漫画の中では一番人情味が感じられる、ある意味「素晴らしい良作」だと思います。

@名無し

この作品連載当時めちゃくちゃ語りたかったんですが、2ちゃんねるの書き込み規制常態化と時期が重なってるもんだから全然語れなかったんですよね……
ヤングマガジンヤングマガジンは比較的読まれてる雑誌ですが、絵や村田作品と言う事情を加味しても、ネット上で語ってる人ほとんど見なかったので
連載時の熱は消えてるのですが、もっと多くの人に読まれてほしいとは思ってる作品です

このクチコミを見て気になったので読み始めましたが面白い。物語の良さと下品なギャグのバランスが奇跡みたいなマンガだ。

このクチコミを見て気になったので読み始めましたが面白い。物語の良さと下品なギャグのバランスが奇跡みたいなマンガだ。

@名無し

嬉しいこと言ってくれるじゃないの
いやほんと徳弘正也徳弘正也氏とか、下品だけど根底に血の通ったストーリーを描ける漫画家は居るけど
村田ひろゆき村田ひろゆき氏に関してはその手の中でも高い下品さと画風に現代劇と言う点で、色々とお勧めしにくい作家であったのですが
このドクター早乙女ドクター早乙女に関しては下品さのバランスと医者物と言う点も含めてすごい新境地に到達した感があります
…まぁその切っ掛けがおそらく癌の闘病にあったと思うと、無邪気に喜んだり称賛すべきではないかもしれませんが
連載中ドラマ化あり得るんじゃないかと思ってましたが、そういう話がなかったのは残念でしたね

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー