reread
また読みたい
フォロー
“女が欲しい~!”男子校で、しかも工業高校でたった一度の青春を棒に振りたかねーぞ!!ってなワケで、油まみれの作業服にパンチ頭が妙に似合う赤木駿(あかぎ・しゅん)は、モテたいがために第2バレーボール部を作ってしまった!──油の匂いにゃ超ツヨイが、女の香りにゃめっぽうヨワイ、痛快学園コメディー!!
“女が欲しい~!”その一念から第2バレー部を作った赤木駿(あかぎ・しゅん)・谷口(たにぐち)・宮本(みやもと)の工業男子高トリオ。念願かなって女子高バレー部との試合のはずがメチャクチャに。こうなりゃ女と知り合うためなら何でもやるぞ!!──工業男子高ゆえの誤解に今日も女っ気なしの3人組が活躍する、痛快学園コメディー!!
中学のときから赤木(あかぎ)が大好きだったと言うマユミが、強引に赤木のうちに遊びに来た。ホレられるのは悪かぁねぇけど、背がデカいのがちょっと、ね。でも据え膳喰わぬは男の恥。親父とおふくろもマユミのこと気に入ったみたいだし、いただきま~すっ!……なんて世間は甘くない。青春の煩悩が渦巻く工業男子高を舞台にした痛快学園コメディー!!
モテない同盟の仲間だと思っていた宮本(みやもと)に、名青高校の陽子という彼女ができた!しかも美女!!うらやましすぎる赤木たちは、バレーボール部の松井の彼女で、陽子と同じ名青高校の宏美から、陽子が宮本にホレたのはヒゲのせいだと聞きだした。「俺たちもヒゲを生やせば!?」かすかな期待でマスク生活に突入した赤木と谷口だが……。工業男子高生たちが繰り広げる痛快学園コメディー!!
みんながまじめにバレーボールする気になってるのに、肝心の赤木(あかぎ)の姿が見えない。じつは和菓子屋の看板娘にホレちゃったからなのだ!毎日通いつめて告白のチャンスを狙(ねら)う赤木に、谷口(たにぐち)たちは呆(あき)れ顔。しかし彼は本気なのだ!!ついに告白する決意を固めた赤木。彼女に「和菓子が好きなんじゃなくて、わたしが好きなのね」と言わせることはできるのか!?
相変わらず女日照りの赤木。憧(あこが)れの名青高校・陽子ちゃんに「いつか俺の胸に飛び込んで~」なんて言いつつ、さみしさを紛らわすため、皐月女子高のマユミちゃんに電話。そしたらマユミちゃんが部活の帰りに家に来るって!!なんたるラッキ~とそわそわして待っていると、浮気の虫が騒ぎだした陽子が家に遊びに来た!!据え膳喰わぬは男の恥、ってそんなにうまくいくわきゃないでしょ!
夜、赤木の部屋に突然訪ねてきた美女。中学の後輩で敬子と名乗る彼女は、ずっと赤木に憧(あこが)れていたという。学校でイジメにあい、両親の折り合いも悪い彼女は、家に帰りたくないという。夢じゃなかろうか……!?浮かれる赤木に、谷口が“ケイコ”の正体を思い出す!!今日もヤツラは女っ気なし!痛快学園コメディー!!
谷口の前に現れたのは、中学時代の同級生・マサ子。5分の4が女子という学校に通っているマサ子は、友人に彼氏を紹介してほしいと言う。松井を連れてダブルデートへ赴く谷口だが、紹介してくれると言うレイ子という女は現れず、マサ子と松井は二人で消えてしまった……。マサ子とヤったという松井は有頂天だが、世の中そんなにうまくいくわきゃない!?モテないヤツらの痛快学園コメディー!!
皐月女子高のマユミは、赤木君にベタ惚(ぼ)れ。しかし赤木君はいまいち気がない感じ?マユミの目を覚まそうと、和美は彼氏の祥男(よしお)に誰か紹介を頼んだ。しかし、あろうことか祥男はマユミにアタック!?怒った和美はハライセに赤木にデートを申し込む。もつれにもつれた女関係。でも、ちっとも実りがないのはなんでだ~!?赤木と仲間たちの痛快学園コメディー!!
赤木にベタ惚(ぼ)れのマユミちゃんとHしようと思った直前、ついうっかり違う女の名前を呼んじゃった!さすがに激怒のマユミから最低野郎の烙印を押された赤木は、今まさに不幸のどん底。自業自得とはいえほっとけない谷口と宮本は、ダブルデート(+赤木)に誘う。あんまり暗い赤木に、谷口の彼女・ミカの母性本能が刺激され……!?モテないようでモテている?沼工生たちの痛快学園コメディー!!