🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

朝起きると同じベッドで寝ていた39歳の妻が死んでいた男がたった半年で婚活を始める話。

ある朝、妻が目を覚まさないので救急を呼ぶと「もう亡くなっているので警察の管轄」と言われ事情聴取を受け、妻の遺体は検死のためにケースに入れられ運ばれてしまう。
1人残された夫は妻の実家に電話をかけ、自分の職場と妻の職場に電話をかけ、警察に棺がいる言われたので葬儀屋に電話をかけ……。

妻が死んだ実感がないままにひたすら死の報告を何件もするところが生々しかった。そのあと当たり前みたいに「ワックスが切れてる」って妻に呼びかけちゃうところも。

1話を読んだ後に著者のインタビューを読んで、自分も配偶者を亡くした人に対して悲しみを押し付けていたかも…と気付かされ、1話の印象が少し変わりました。

ものすごく面白かったので2話も楽しみです!

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>

奥さんの遺品はとりあえず自分の実家に預けておくのか。

そんなに急いで引越ししなくてもよさそうだけど、どうしても環境を変えたいのかな。

シェアハウスに住むって現実逃避じゃない?と思ってたけど、自分と同じ境遇の人、全く違う人生観の人、色んな人がいるからこそ、主人公にとってはちょうどいい感じに自分と向き合えるのかも。あんまり落ち込んでるよりも奥さんも安心かもしれないね…。

亡くなった奥さんの実家に行くの憂鬱だよね…と思ったけど意外と楽しそうだった。奥さん元ギャルだったんだね。百瀬さんにちょっと似てた。

渋谷の蕎麦屋、ここよく食べにいってたわ。すごく良心的なお店

渋谷の蕎麦屋、ここよく食べにいってたわ。すごく良心的なお店

@名無し

実在するお店なんですね!

本人が隠したかったんだから無理に知ろうとしなくていいんじゃないの〜?と思いつつ、やっぱり気になる。渋谷でギャルは分かるけど蕎麦屋はなんでだ??

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー