けっこう楽しそうで、すこし悲しい

一番下のコメントへ

20話まで読了。主人公の三姉妹三姉妹は、子供時代に母親を病で亡くし、後年は父親が失踪して捨てられてしまうという家庭事情を持つ。
それでも楽観的な性格の長女を中心に、一つ屋根の下で楽しげに暮らす様子が描かれている。
長女も次女も社会人として働いているので生活の心配はなさそうだが、三姉妹がそこに至るまでの苦労は幾つもあったはず。時折あらわれる過去の回想が、悲しみを誘う。
親を亡くしたものの、三姉妹の周りには良い友達が多く、とても人の縁に恵まれているのだと思う。
全体的に独特のテンポ運びで、それがタイトルの「三拍子」と良く合っている。
ebookjapanで連載されており、ebookjapanアプリ内で一通り読めた。1話10ページ程度でとても読みやすい分量だった。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー