百合の世界

一番下のコメントへ

百合とは知らずに読み始め、最初の1話では永田が男だと思ってたんだけど2話目で百合だと知った。

百合の世界の空気感というか起承転結の付け方は少し独特というか、男性の考えるソレとは少し違っている気がして、これが独自文化なのだなと深くうなずくばかりである。
アンニュイな気持ちで終わるところもあればちゃんとハッピーエンドだったり、「この先は想像におまかせします」だったり色々だけど、女性作家が割とそういう流れを好むのかもしれない。

これはもしや深堀りしてみたら面白いところなのでは(きっとググれば出てくるんだろうけど)

など、色々変な視点での考察が捗ってしまったけど一気に全部読み終わって、巻末の1話が最終話になっていてちゃんと結があって読後感が良かったのでクチコミを残している次第です。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー