音楽表現と和楽器JKのブレイクスルー!

一番下のコメントへ

音楽の表現に「擬音」を使わない事。これがこの作品の最大の特徴である。

擬音による音楽表現は、分かりやすい反面、表現できない事も多い。例えば音色は、伝えたい音を擬音で描いても(ポンとかガーッとか)結局は読者の脳内補完が頼り。正確な伝達とは言えない。また、合奏での、旋律やリズムが絡む感覚は表現しにくい。

なでしこドレミソラなでしこドレミソラ』では、流水紋で旋律の雰囲気、和柄で和楽器らしさを仄めかすのみ。絵で魅了したら、音は完全に読者の想像に委ねる、割り切りの良さ。しかし流水紋は音楽が流れる時間・空間感覚となり、それを重ねる事で各パートが混ざり合い、響き合う表現となっていて、今までに無い「穏やかな」ゾクゾク感がある。

かつて音楽漫画が発想しなかった「音楽表現」のブレイクスルーを、音楽漫画が好きな方には、ぜひ読んでいただきたい!

♫♫♫♫♫

物語は、地味な自分を変えたい主人公・美弥を始め、和楽器同好会に集まったメンバー四人の、様々な「ブレイクスルー」の過程が描かれる。分かりやすい子から一見分かりにくい子まで、自分の拗らせを知り、悩み、殻を破って成長する物語は明るく、清々しい。

これは、四人が対等な関係で互いの音を聴き、自分の音を重ねる真の「合奏」を目指す物語。そしてそれは音楽を越えて人間関係でも、自分から動く事と、相手を見る事のどちらも大事だという「個性と調和」の物語になっていく。

少し拗らせていた女子高生達が、真に自立したメンバーの一員として舞台に立つ終幕は、とてつもない歓びに満ちている!

面白そうな漫画だな、と思ってクチコミ読んでいたら、著者名見てあれっ?と みやびあきの先生って今モーニングツーで珈琲の漫画描かれている方ですよね。 そっちのイメージが強かったので、和楽器漫画描かれているとは知らず驚きました…!

面白そうな漫画だな、と思ってクチコミ読んでいたら、著者名見てあれっ?と みやびあきの先生って今モーニングツーで珈琲の漫画描かれている方ですよね。 そっちのイメージが強かったので、和楽器漫画描かれているとは知らず驚きました…!

@nyae

そうです、『珈琲をしづかに珈琲をしづかに』の、みやびあきのみやびあきの先生です!

私はなでしこドレミソラなでしこドレミソラが先だったので、珈琲をしづかには意外に思いましたが、どちらもレトロとモダンの合間を描いていて、先生はそういうのがお好きなんだと思います。

なでしこドレミソラでは、和楽器の伝統と革新について、かなり突っ込んだ問題提起がなされていて、それも含めてとても読み応えのある内容になっています。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー