あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/09/24
観音寺睡蓮は…俺たちだ! #1巻応援
「百合を愛でる者、百合に介入するべからず、ただ背景であるべし」 百合鑑賞者なら常識ですよね!間違っても、挟まりたいとか言ってはいけない訳です。 ♡♡♡♡♡ 高2の観音寺睡蓮は、全ての女子に憧れと恋心を抱かせる完璧超人でありながら、一介の百合鑑賞者である。 彼女の姿勢はパーフェクトだ。鑑賞対象のカプが共にいる場面を作り出すと、後は二人に百合を妄想し、密かに悶えて息を荒くする。 観音寺睡蓮は、俺たちだ。同士だ。 しかし彼女には問題があった…… 観音寺睡蓮は、モテる。 彼女が百合を見出していた幼馴染の二人は、実はどちらも〈観音寺水蓮に〉恋している。結果、観音寺睡蓮は、目の前で恋の鞘当てを繰り広げる二人を見ながら、二人の百合を妄想する……割とカオス状態。三人しかいないのに。 一見、百合に挟まっているように見える観音寺睡蓮。しかし、彼女は二人の関係性の中に存在しながら、全く別の世界を見つめている……己のいない「理想の」百合世界の妄想を。 観音寺水連は、俺たちだ。 百合を愛する、変態だ。 ……そう言い切れそうな安定の変態っぷりを笑いながら、そこに変態な自分を見出して微妙〜な気分になろう!俺はなったぞ! (『球詠』のクチコミでこの作品を教えてくださったオタクさん、ありがとう〜!)
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/07/15
音楽表現と和楽器JKのブレイクスルー!
音楽の表現に「擬音」を使わない事。これがこの作品の最大の特徴である。 擬音による音楽表現は、分かりやすい反面、表現できない事も多い。例えば音色は、伝えたい音を擬音で描いても(ポンとかガーッとか)結局は読者の脳内補完が頼り。正確な伝達とは言えない。また、合奏での、旋律やリズムが絡む感覚は表現しにくい。 『なでしこドレミソラ』では、流水紋で旋律の雰囲気、和柄で和楽器らしさを仄めかすのみ。絵で魅了したら、音は完全に読者の想像に委ねる、割り切りの良さ。しかし流水紋は音楽が流れる時間・空間感覚となり、それを重ねる事で各パートが混ざり合い、響き合う表現となっていて、今までに無い「穏やかな」ゾクゾク感がある。 かつて音楽漫画が発想しなかった「音楽表現」のブレイクスルーを、音楽漫画が好きな方には、ぜひ読んでいただきたい! ♫♫♫♫♫ 物語は、地味な自分を変えたい主人公・美弥を始め、和楽器同好会に集まったメンバー四人の、様々な「ブレイクスルー」の過程が描かれる。分かりやすい子から一見分かりにくい子まで、自分の拗らせを知り、悩み、殻を破って成長する物語は明るく、清々しい。 これは、四人が対等な関係で互いの音を聴き、自分の音を重ねる真の「合奏」を目指す物語。そしてそれは音楽を越えて人間関係でも、自分から動く事と、相手を見る事のどちらも大事だという「個性と調和」の物語になっていく。 少し拗らせていた女子高生達が、真に自立したメンバーの一員として舞台に立つ終幕は、とてつもない歓びに満ちている!