とりねこ

とりねこ

ちはると亜希と大福(文鳥)とマカロン(猫)。二人と二匹がひとつ屋根の下で繰り広げる弱肉強食ライフ(?)は、危険と笑いが盛りだくさん!『姉妹の方程式』『メロ3!』の野々原ちきが描く新感覚女の子コメディ、お楽しみあれ!!
マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

2019年TVアニメ化も決定している、大人気スマートフォン向けゲームのコミカライズ! 見知らぬ少女が出てくる不思議な夢を見るきっかけとなった、“小さなキュゥべえ”を追って、「神浜市」にやってきた環いろは。この不思議な夢はなんなのか、何故自分は魔法少女になったのか、「神浜市」が抱える特異とはなんなのか―――。今、魔法少女の新たな物語が動き出す。
放課後のアルケミスト

放課後のアルケミスト

高校一年生の山田いちるは、高校デビューを目論み隣町の高校に入学する。かわいい女の子たちに囲まれた花の女子高生ライフを夢見ていたが、彼女が勧誘されたのは“料理探求部”という一風変わった部活だった。活動内容は、“錬金術”。怪しげな部活に巻き込まれたいちるの運命は――
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/09/24
観音寺睡蓮は…俺たちだ! #1巻応援
「百合を愛でる者、百合に介入するべからず、ただ背景であるべし」 百合鑑賞者なら常識ですよね!間違っても、挟まりたいとか言ってはいけない訳です。 ♡♡♡♡♡ 高2の観音寺睡蓮は、全ての女子に憧れと恋心を抱かせる完璧超人でありながら、一介の百合鑑賞者である。 彼女の姿勢はパーフェクトだ。鑑賞対象のカプが共にいる場面を作り出すと、後は二人に百合を妄想し、密かに悶えて息を荒くする。 観音寺睡蓮は、俺たちだ。同士だ。 しかし彼女には問題があった…… 観音寺睡蓮は、モテる。 彼女が百合を見出していた幼馴染の二人は、実はどちらも〈観音寺水蓮に〉恋している。結果、観音寺睡蓮は、目の前で恋の鞘当てを繰り広げる二人を見ながら、二人の百合を妄想する……割とカオス状態。三人しかいないのに。 一見、百合に挟まっているように見える観音寺睡蓮。しかし、彼女は二人の関係性の中に存在しながら、全く別の世界を見つめている……己のいない「理想の」百合世界の妄想を。 観音寺水連は、俺たちだ。 百合を愛する、変態だ。 ……そう言い切れそうな安定の変態っぷりを笑いながら、そこに変態な自分を見出して微妙〜な気分になろう!俺はなったぞ! (『球詠』のクチコミでこの作品を教えてくださったオタクさん、ありがとう〜!)
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/07/15
音楽表現と和楽器JKのブレイクスルー!
音楽の表現に「擬音」を使わない事。これがこの作品の最大の特徴である。 擬音による音楽表現は、分かりやすい反面、表現できない事も多い。例えば音色は、伝えたい音を擬音で描いても(ポンとかガーッとか)結局は読者の脳内補完が頼り。正確な伝達とは言えない。また、合奏での、旋律やリズムが絡む感覚は表現しにくい。 『なでしこドレミソラ』では、流水紋で旋律の雰囲気、和柄で和楽器らしさを仄めかすのみ。絵で魅了したら、音は完全に読者の想像に委ねる、割り切りの良さ。しかし流水紋は音楽が流れる時間・空間感覚となり、それを重ねる事で各パートが混ざり合い、響き合う表現となっていて、今までに無い「穏やかな」ゾクゾク感がある。 かつて音楽漫画が発想しなかった「音楽表現」のブレイクスルーを、音楽漫画が好きな方には、ぜひ読んでいただきたい! ♫♫♫♫♫ 物語は、地味な自分を変えたい主人公・美弥を始め、和楽器同好会に集まったメンバー四人の、様々な「ブレイクスルー」の過程が描かれる。分かりやすい子から一見分かりにくい子まで、自分の拗らせを知り、悩み、殻を破って成長する物語は明るく、清々しい。 これは、四人が対等な関係で互いの音を聴き、自分の音を重ねる真の「合奏」を目指す物語。そしてそれは音楽を越えて人間関係でも、自分から動く事と、相手を見る事のどちらも大事だという「個性と調和」の物語になっていく。 少し拗らせていた女子高生達が、真に自立したメンバーの一員として舞台に立つ終幕は、とてつもない歓びに満ちている!
球詠

球詠

中学時代、1回戦負け野球部の投手だった武田詠深。捕手が捕れないため、投げられなかった「魔球」への後悔を抱えたまま、進学した高校で再会したのは幼なじみの山崎珠姫。かつて交わした約束、再び目覚める野球への情熱…白球に恋する少女達の物語、開幕!
観音寺睡蓮の苦悩(読切)

観音寺睡蓮の苦悩(読切)

学校のトップに君臨し、学業、スポーツ、容姿、性格、すべてにおいて完璧な高校生、観音寺睡蓮。 しかし彼女には、ひた隠すある秘密があった… (まんがタイムきららフォワード2020年2月号)
icon_book
試し読み
スローループ

スローループ

「最近 なんか 釣りが楽しい」 海辺でひとり、亡き父に教えてもらったフライフィッシングを嗜む少女・ひより。 そんな時に出会ったのは、母親の再婚相手の娘・小春で…? ひょんな出会いから「姉妹」になった小春とひよりと一緒に、「釣り」をしながらスローに過ごしてみませんか?

人気クチコミ

あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/02/05
魔球も、百合も、あるんだよ。
カラーボール野球で「魔球」を開発した二人の少女。別々のチームで、一人は投手として、硬式球で魔球を完成させ、もう一人は捕手として、全国レベルの実力をつける。 二人は高校で再び出会う。不祥事で廃れた野球部に十人の仲間が集った時、一人が言う。 「一緒に全国を目指して欲しい」 ……可愛い女子高生達が主役の、この「きらら系」作品だが、本気の野球漫画として、かなり力が入っている。 個性的なチームメイトも、対戦相手にも、設定が沢山あり、面白い。 例えば主人公の「魔球」は、ストレートと同じ球速で大きく縦に割れる、カーブっぽい球。鋭い変化の割に球速が落ちない理由とは……。 他にも、人のプレイのコピーが上手い選手のトリッキーな作戦や、試合自体をクイックに進める相手に翻弄される、など、実際に出来るかどうか、ギリギリの発想が楽しい。 どこか水島新司先生の自由さがある一方、試合の緻密な駆け引き、戦略などは『おおきく振りかぶって』を思わせる。更に洗練されたプレイを大胆に魅せる絵で『ダイヤのA』のように興奮させる。 様々な野球漫画の楽しみを「女子」で魅せてくれる、贅沢な作品。バッテリーや上級生のロマンシスや、もう少しで百合な関係性も生まれ、これからが楽しみ。(ロマンシス=女子の強固な友情、バディ関係。恋愛に近い程の親しい関係。日本人による造語) 大会序盤、早速優勝候補に挑む彼女達。ジャイアントキリングなるか!?
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/07/15
音楽表現と和楽器JKのブレイクスルー!
音楽の表現に「擬音」を使わない事。これがこの作品の最大の特徴である。 擬音による音楽表現は、分かりやすい反面、表現できない事も多い。例えば音色は、伝えたい音を擬音で描いても(ポンとかガーッとか)結局は読者の脳内補完が頼り。正確な伝達とは言えない。また、合奏での、旋律やリズムが絡む感覚は表現しにくい。 『なでしこドレミソラ』では、流水紋で旋律の雰囲気、和柄で和楽器らしさを仄めかすのみ。絵で魅了したら、音は完全に読者の想像に委ねる、割り切りの良さ。しかし流水紋は音楽が流れる時間・空間感覚となり、それを重ねる事で各パートが混ざり合い、響き合う表現となっていて、今までに無い「穏やかな」ゾクゾク感がある。 かつて音楽漫画が発想しなかった「音楽表現」のブレイクスルーを、音楽漫画が好きな方には、ぜひ読んでいただきたい! ♫♫♫♫♫ 物語は、地味な自分を変えたい主人公・美弥を始め、和楽器同好会に集まったメンバー四人の、様々な「ブレイクスルー」の過程が描かれる。分かりやすい子から一見分かりにくい子まで、自分の拗らせを知り、悩み、殻を破って成長する物語は明るく、清々しい。 これは、四人が対等な関係で互いの音を聴き、自分の音を重ねる真の「合奏」を目指す物語。そしてそれは音楽を越えて人間関係でも、自分から動く事と、相手を見る事のどちらも大事だという「個性と調和」の物語になっていく。 少し拗らせていた女子高生達が、真に自立したメンバーの一員として舞台に立つ終幕は、とてつもない歓びに満ちている!
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/03/04
フライフィッシングと女子の友情問題
近年数多い「釣り女子漫画」。大抵の作品は様々な釣法を紹介してくれるが、この『スローループ』という作品が他と違うのは、 「フライフィッシング」 これがメインである点だ。 しかも最初が「海フライ」。 マニアックすぎる……。 そんなマニアックな釣りを亡き父に教わった女子・ひよりは、突堤で料理が得意な女子・小春と出会う。互いの親の再婚で姉妹となった二人は、釣りと料理を通じて仲を深める。 ★★★★★ この作品では、「釣り」と「女子の友情」の微妙な問題が描かれている。 ひよりは人見知り故、孤独に釣行していた。 また、ひよりの親友の恋は、ひよりの父が亡くなった時、海に独り居るひよりの側にいなかった事に後悔を残す。 彼女達は小春の積極性に触れ、変化していく。そのストーリーは確かに「小さな春」のような暖かさだ。 そして釣り船屋の次女・小学生の二葉の悩みに、前向きになったお姉さん達が力を貸す。 二葉は釣りや外遊びが好きだが、そのせいで周囲の女子との関係に悩み、自分らしさを押し殺してしまう。それに対してひよりと恋が提示した解決法は、彼女達の変化と優しさを感じさせ、胸熱くなる。 女子には理解されにくい「釣り」という趣味を女子が続けるには、孤独に極めるのも良いだろう。だがもし、同性の「釣り仲間」がいたら……それは意外と楽しいかも。だからちょっと声かけてみようよ、と明るく誘うこの作品、とても優しく心に響く。 それにしてもフライフィッシング、女子の釣りとしては合っているかもしれない。 何と言っても生き餌が要らないのが大きい!毛針を色々揃えたり、自作するのも楽しいだろう。釣れなくてもじっと待つことはなく、常に考えポイントを変えて動き回るのも、飽きが来なくていい。(尤もサビキ釣りなどの爆釣の興奮には敵わないかも……と作中でもあったけれど) 2巻までに突堤、管理釣り場、キャンプ場、釣り船、ときて、3巻いよいよ渓流へ……ここからが本番!?
もっとみる