霊能力に目覚め記憶と感情を失った青年と探偵事務所の人々

一番下のコメントへ

スピリチュアル系の話が好きなので、表題作の「霊界案内人霊界案内人」の感想。
最初の展開がとてもテンポがよくすぐにその世界の設定を受け入れられる出だしでした。
事故にあって、記憶と感情を失った青年を加害者が兄弟の経営する探偵事務所のバストイレつきの仮眠室に住まわせるところからお話は始まります。
そして、霊能力を使って誘拐されたという子供の遺体をみつけた主人公。あなたが犯人じゃないかといわれますが感情の起伏がないので坦々と事件について、その関係者の身近の子供を守るために行動します。
そして、意外な犯人になくなった子供の霊に話をさせて自白させます。霊を使って自白させるというパターンは初めて読んだので新鮮で面白かったです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み