一番下のコメントへ

初めて咲坂先生の作品を読んだのはアオハライドだったんですが、心の機微を捉える能力の高さ、登場人物のキャラクター(性格)のリアルさ、そして絵の美しさにぶったまげました。作品に少女漫画の良さが全部詰まっているんですよね。

今月の別マ6月号に、ふりふら完結以来1年ぶりの新作読切が登場するということでワクワクしながら手にとり、読み終わったあとは「やっぱ咲坂伊緒天才だわ」とうっとりしてしまいました。

もう、ホントにキャラの造形が精巧…!

日常生活を送る中で、凹んだり落ち込んだりするときって、それって他人にはどうってことない些細なことの場合も多いですよね。
主人公・小羽は「人に厚意を断られるとムダに傷付く」タイプ。そして人をがっかりさせたくないから、いつも無意識に「人にどう思われるか」を判断基準にして生きている。


(△別冊マーガレット 2020年6月号)

けど心の持ち方は人それぞれで、みんながみんなそうじゃない。

対する桐生は簡単に傷ついたりしないタイプで、周りがどう思うかじゃなくて「自分がどう思うか」を大事にして生きている。

んは〜〜〜!!もうめっちゃいい…!めっちゃリアル。

桐生の発言に対し小羽が「勝手に」怒るシーンもすごくよくて、うわこういうことあるよなぁとしみじみしてしまいました。

最後に小羽が自分「人をがっかりさせたくないのではなく、人にがっかりされたくない」のだと気づくところで、「はい、咲坂伊緒やっぱ天才」と思いました。

そしてオチが!!!も〜〜完璧すぎる…!!
ここまで桐生を見習うべき存在として小羽の弱さと成長を描いてきたのに、最後は桐生に

「人にどう思われるか気になるっていう気持ち 今なら俺も分かる」
「    (殺し文句)    」

って言わせるのほんとマジで完璧でほんと天才…!

本当に良いもの読ませていただきました。
いつになるかわかりませんが、次の連載も楽しみにしています。

【別冊マーガレット 2020年6月号】(11ページ読めます!)
https://margaretbookstore.com/item/SHSA_MG01M08349BM2005_57.html

【あらすじ】
主人公・小羽は、クラスで浮いている桐生から傘に入っていくかと声をかけられ断るが、あとになって「断ったことで、桐生がいやな気持ちになったではないか」と気に病んでしまう。
勇気を出してお礼を言ってみると、桐生は「人に断られて傷つく」という感覚がないタイプの人間だった。
会話を重ねていく中で、自分とは全く違う心の持ち方を知り、だんだん桐生のことを「いいな」と思う気持ちが膨らんでいく。

あばば…良すぎた…
人にどう思われるか気にする=悪いこと、ではないんだということに気付けてよかった。
言ったらがっかりされるかも…と思って本心を押し殺してきたひとにはぶっ刺さると思います。わたしはぶっ刺さりました。もちろん最後の桐生君のセリフも。最高!

コメントする

このクチコミも読まれています

キュンキュンしたい人必読💓
干し芋
干し芋
24日前
6巻まで読了。 青木君の井田君に対する想いが溢れていて、純粋で、かわいらしくて、一生懸命で、こんなにキラキラした表情されたら皆、井田君の事好きになっちゃいます♬ ドタバタ井田君、マイペース青木君のいいコンビ。 あっくんが橋下さんに告白するシーン好き💓 こちらは、尻に敷かれた感じがしっくりくるくらい馴染んできました。
消えた初恋
犬猿の仲の男女が素直になる瞬間を見たい方に
兎来栄寿
兎来栄寿
5ヶ月前
まさかまさかのシェイクスピア×河原和音という時を越えたコラボレーション。 昔から萩尾望都さんが描くブラッドベリ作品など名作のコミカライズは行われてきていますが、本作もまたそうした系譜に名を連ねる珠玉の1冊です。 16世紀に書かれた物語ですが、現代版として大幅に設定を変更して翻案されています。 とにかく主要登場人物である戸部ありすと、辺嶺征久雄の犬猿の仲っぷりだけで楽しめるようになっており、顔を合わせれば喧嘩をするふたりの毒舌の応酬をずっと眺めていたくなります。そんなふたりの関係性に訪れる変化に、少女マンガらしい醍醐味がたっぷりと込められていて読んで幸せな気持ちになりました。 悪役が仕掛ける罠も極めて現代的であり、この辺りの換骨奪胎の巧さはさすが河原和音さん。 男性が読んでも楽しみやすい、笑って心温まる恋愛喜劇です。1冊で綺麗にまとまっているのもお薦めしやすいポイントです。
から騒ぎ
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み