サクラ、サク。(1)
目立たず、いてもいなくても変わらない存在だった藤ヶ谷咲(ふじがや さく)。咲は、ある日電車で「桜」という名前の人に助けられたことをきっかけに、自分も困っている人をほっておかないと心に決める。時は流れ、入学した高校で「桜」と呼ばれる男の子に出会って…!? ピュアで、切ない恋のつぼみが今、開きはじめる――!
サクラ、サク。 2巻
憧れの人、亮介についに出会えた咲(さく)。でも自分を助けてくれたのは亮介ではなく、抱いていた恋心も勘違いだったことにショックを受ける。そんな時ずっとそばで支えてくれた陽希(はるき)に惹かれ始めるも、「好き」っていう気持ちの正体が分からなくなった咲はなかなか踏み出せず…? 新たな恋の予感が高まる春が来た――!
また読みたい
フォロー