投稿
168
コメント
714
わかる
1498
天沢聖司
天沢聖司
2022/05/10
ネタバレ
物静か男子×元気女子 ジャンプラのド直球恋愛漫画♡
camera
青フラが始まったとき「ジャンプと名の付くサービスでこんな心理描写に特化した青春漫画が載るなんて…!」とびっくりしましたが、それと同じくらい驚きました。絵柄以外、別マに載ってておかしくないくらい最高に少女漫画でどひゃ〜〜となりました。 普段は元気いっぱいなのに周りの空気読んじゃう臆病なところのある鈴木さんと、普段からローテンションで無口だけど素直な気持ちや大事なことは全部言ってくれる谷くんのお話。 2人ともエッグい可愛いんだが…!? 心理描写と恋愛の機微がこまやかに描かれててめちゃくちゃ少女漫画!! でもポップな画風やコマ割りなど漫画の文法はどちらかというと少年漫画でまさにハイブリッド…! 漫画の途中でキャラの頭身が縮んでSDキャラになるってよくあると思うんですけど、そのデフォルメがコメント欄で「ゴルバット」って言われてて笑いました。ゴルバット可愛いよ! ジャンプラはプロアマそしてジャンルも問わず募集してると最近知ったのですが、それにしてもエロやラブコメではない、心の機微が描かれた直球の恋愛漫画が読めるなんてすごいな…。
天沢聖司
天沢聖司
2022/04/08
ネタバレ
時代は「KAK」!田舎のおもしれー女と都会の貴公子の焦れキュン契約結婚
camera
去年、親の顔より見たバナー広告No.1がこちらの作品。日頃、ムーンライトノベルズで西洋貴族風ラブ・ロマンスを漁りまくっている身には、「きみを愛する気はない」というタイトルからしてクリティカル。個人的にはBSSよりKAKの方がかなりグッときますね……!政略結婚でKAKとか言っといて自分の方が惚れちゃうとか。恋愛の他にシャーデンフロイデまで味わえるなんて最高です(ゲス顔) (▼10種類以上発見しました) https://i.imgur.com/xUElByg.gif https://i.imgur.com/xftziZm.gif https://i.imgur.com/tIVGUNO.gif 公爵だなんて到底信じられないくらい貧しい、町娘のような暮らしで育ったエルサはピュアッピュア。家族の家計を楽にするために結婚を受けたいい子なんです。(※というのをユリウスは知らない) だからこそ都会の裕福なこじらせエリート・ユリウスが結婚初日に突きつけた3つの条件を、純度善性100%にっこり笑顔で貫こうとする。 そしてその傍らで感情の薄いユリウスの誕生日を、家族として庶民的に祝ってあげたりするもんだから、ユリウスさんはもうグラグラ。 お祭りの日に弟と一緒にいるところを見て嫉妬してしまいます。 ……。 いや、はえーよユリウス!まだ1巻だぞ…?いくらなんでも即オチすぎる。 個人的にはもっと主人公のことを顧みない期間が長い方が、惚れたあとの苦しみがでかくなるのでゲヘヘ……と言う感じなんですが、まあこれはこれでいいと思います。 表紙からもわかるとおり、とにかく絵がきらびやかで可愛らしく素敵! ドレスや画面に散りばめられた演出の花々が美しくていつまでも見ていられます。 何気に一番すごいなと思ったのがサラダ。 トマトの断面めっちゃリアル……グルメ漫画でもないのにこんな細部まで美味しそうに描くなんてすごいなと思いました。 単行本派なので2巻を楽しみにしています。早く広告で見たキャロットケーキ回が読みたい。
天沢聖司
天沢聖司
2022/04/07
ネタバレ
客も店員もプロフェッショナル!全年齢の「メスガキヤ」にようこそ! #1巻応援
「自分ってメスガキ(※1)好きだったんだ〜〜〜!?!?」と気づかせてくれたのがこの作品。メスガキっていいねと思ったから2021年9月18日(※2)はメスガキ記念日。   >※1 成人向け漫画によく登場する、成人男性に対し生意気な口をきいたり無礼な態度をとってくる10代の少女のこと。「かわいい……。いやいや、年上に対してなんだその態度は!?……でも子供のすることに本気で腹を立てるなんて大人げない……あーかわいい……いやなんだこいつクッソ腹立つ!!!!」という、フツフツと湧き上がる複雑なイライラを味わわせてくれる。 >※2 第2話がニコニコ漫画で更新された翌日。   タイトルを見れば一瞬でご理解いただけると思いますが、『メスガキのいる喫茶店』とはつまり「(メ)スガキヤ」のことです。 これを読むまで、よもやまさか自分がメスガキが好きだなんて思いませんでした。 そもそも男性向け成人漫画に出てくる10代の女の子が基本好きではない(妙に積極的で都合よく描かれたり、酷い目に遭ったり)ので、メスガキという存在は知りつつも深堀りせず生きてきました。 ところが今回、ドラドラしゃーぷで『メスガキのいる喫茶店』が連載されたことで、この世にタイトルにメスガキを冠する「全年齢のメスガキ」が爆誕したわけです……! (▼『メスガキのいる喫茶店』第1話より) https://i.imgur.com/f48rkSE.png 性癖の扉がバーンと開いたわけですが、胸に手を当てよく考えてみるとドアの鍵を開けたのは『マリー様をわからせたい!』でした(2021年、単行本全2巻発売)。 全年齢の『わからせ』と『メスガキ』のコンボを食らったことで、私の中の新しい扉が開いたということなんですね。2021年すげえ年だぜ! 『マリー様』のときも感じましたが全年齢ってのがとにかく安心なんですよね。女の子が酷い目に合わないし、謎にエロエロしたりしない。 本当にあまりにもハマりすぎて、無料分が全話公開されてた時期は、新エピソードが公開されるたびに1話から読み直してました。 何がそんなにいいのか。 もうとにかく「メスガキヤ」の店員さんたちと、店に通う紳士たちの阿吽の呼吸が素晴らしいんです。 コンサートのコール&レスポンス。 歌舞伎の大向こう(観客の掛け声)。 味方の意図を理解しドンピシャでパスを出すサッカー選手。 コミケの日のベローチェの店員さんたち。 客の要求を察し、最高の位置にざぁこ♥(ボール)を出す。 「メスガキヤ」にはそういう、双方向の完成されたコミュニケーションがあるんです。 (▼『メスガキのいる喫茶店』第2話より) https://i.imgur.com/Et53JhH.png 「恥ずかしい……でもメスガキに嬲られたい」という、大人の男性たちの小さなシグナルを見逃さず、完璧なパフォーマンスを見せてくれる店員さんたち。敬意を抱かずにいられません。 そしてもちろん客である男性たちも、常に紳士たることを忘れないナイスガイばかり。 客と店員による、プロフェッショナルなメスガキぶりと、紳士たる心構え。 両者なくして、この「メスガキヤ」という最高の舞台は成り立たない。 『メスガキのいる喫茶店』を楽しむという、フェアプレーの精神がこの店にはあります。 ……。 いろいろ言いましたが、とにかくここのメスガキは最高なんだ。 『メスガキのいる喫茶店』、2022年4月8日(金)開店です。 ▼単行本 https://bookwalker.jp/deaec206cd-c61d-4d5f-a32a-daa3a13feee0/ ▼第1話 https://seiga.nicovideo.jp/comic/55008