投稿
コメント
わかる

不器用な二人のラヴストーリーが猫をきっかけに動き出す。
ヒロインが色々な表情を見せるようになったり、主人公が行動を起こしたり、逆に話の流れを遮ったり、と。
マンガでしかできない魅せ方が非常に巧く、面白いのもこの作品の特徴。個性的なコマの使い方、ページの使い方をする。それがまた作品に良く合う。
上質のラヴストーリー、名作であり、尚且つマンガという媒体の良さを引き出して、見せてくれた良作。

住みたい町ナンバーワン楽古町(らっこらっこちょう)!!
自営業の素敵なオジサマが沢山いらっしゃる♡
私の推しは、佐渡さん。
ふわふわな感じなのに、感性は鋭く、テニス姿は超かっこいい。ゆるい感じが、大人の包容力を感じさせてくれます。
オジサマだと思っていたら、私もオジサマ方と同じくらいの年令になってて、これまたびっくり!!

ここしばらくトップギアでの全開状態で
話が突っ走ってきたけれど、
とりあえず高嶺のハナさんハナさん弱木、お疲れさん、
よかったね、というところか(笑)。
もしかして時事ネタ的に
「あ、オリンピックは一年間延期になったから
 プロジェクトは一旦白紙に戻すね」
みたいな中途半端な流れになったりしないかと
危惧していたが、とりあえずそうはならなかった。
現実の流れとどう折り合いをつけるかどうかはワカランが。
さて来週からどういう展開になるのかな。

やらない後悔よりやる後悔みたいな言葉がありますが、やらない後悔も悪くないかもと思いました。

やれたかもしれないという思い出を持つ人物の独白を聞き、やれたかも委員会やれたかも委員会が「やれた」か「やれたとは言えない」かを審査するお話。
ゲスいお話がはじまるのかと思いきや、独白は甘くてほろ苦くて、まるで初恋の記憶のよう。
絶対やれたらたぶんたぶん忘れちゃう。
絶対やれないならたぶん忘れたい。
でも「やれたかも」にはどことなく甘い響きがあって忘れられない。

遠足の前の日にわくわくしながらお菓子を買いに行く瞬間って、遠足当日よりも楽しい。
やれるかもしれないとドキドキしながら、こっそり手を繋いだりカラオケでキスしたり飲み会抜け出したりするのも、遠足の前の日と同じだ。
いちばん楽しいし、いちばんエロい。
「やれたかも」それはすなわちお菓子の詰まったリュック。
遠足に持って行ったら友達と分け合って一瞬でなくなっちゃうけど、家にあってたまにひと口かじるだけならなかなか無くならない。ある意味長く楽しめてしまう。ああなんて罪深い。
恋は甘くて苦いって
忘れられない香りばかりって某国民的アイドルグループが言ってたけど
「やれたかも」も一緒なんだな。某国民的アイドルグループだったら間違いなくやれるんだろうな。

やるよりエロくてエモい、やれたかも。
読んだら似たような思い出が蘇って「ああ〜」ってなります。でも、悪くない「ああ〜」だと思います。たぶん。

誰しも1回ぐらい経験したことがある(?)といういわゆる"未遂"のところ。
なんというか「上手くいかない」とわかってて読むのが面白い。
そしておじさんには色んな意味で時代を感じさせられる漫画だと思うのよね。

誰しも1回ぐら...

小説だとロビンソンクルーソーみたいな。

吾輩の部屋である吾輩の部屋である
孤独のグルメ孤独のグルメ
ラーメン大好き小泉さんラーメン大好き小泉さん
とかのイメージです。

作品の面白さ・ドラマ性って、他の人と絡むことで生まれることがほとんどだと思うのです。
が、そうじゃなく「ほぼ1人で完結する」ものをすごい読んでみたいです。
フィクションでもエッセイでも。

ただ吾輩の部屋であるはちょっと違うかも…実際のキャラが登場しないだけで人との絡みが基調になるストーリーですし。

■1巻
天然キャラのコミカルな恋愛模様かと思いきや、ハードなヒューマンドラマだった。
締め付けられる面白さ。

家出してからのストーリーが、一気に引き込まれる。
友達もいるし母親も余裕はないけど優しいし、すぐに家に帰ると思ったらそんなことはなかった。
主人公は人間関係で失敗し続けることで、本気で追い込まれていたのが身に滲みてわかる。

「私の馬鹿は、人に笑顔を強いる凶器」
「怒らせても苦しませても傷つけても、私の周りは優しい人であふれてるから、みんな取り繕ってくれる…」
「じゃあ私から離れるべきだって、決意した」

人を好きだからこそ、その人の自然な笑顔が見たい。
でも、自分にはそれができない。
迷惑ばかりかけてしまう。

言葉にすると陳腐だけど、文字通り「死ぬほど」悩む有紗が、いつか自分を認められるように。
デキる大人になる、以外の道も多分ある。

■2巻
千晶との生活が描かれる。

有紗は不器用で言葉も拙いけど、行動力と絵の力で、人に何か強くを伝える力があるなぁ。
魅力的だと思う。

有紗が拓の息子にバットでぶん殴られて流血するのが強烈だったな。
どうしても好きな家族を取り返したいのが伝わった。
有紗も自ら殴られに行くのが衝撃だったな…体張りすぎ。

じーさんの息子の顔描いて、笑顔になって、のシーンは好き。
千晶のでかい笑顔の絵描いて、千晶が涙流すシーンもとても良い。

意志強ナツ子意志強ナツ子先生の読み切り「KEBAEBAB」がちょっとバズってて読んでみたらすごかった
援助交際してる女の子が客に惚れちゃう話

アマゾネス・キスの作品詳細ページです。「トーチ」はリイド社が運営するwebサイト上にある辺境の観光地です。「トーチ」のプロジェクトは『オルタナティヴな表現』と『自分たちの老後への道筋』を探し、光をあてる(発信する)ことを目的に始まりました。


こちらで読めます

世の中には色んなBL漫画がありますが、これほどまでに昭和歌謡が似合うBL漫画などあるだろうか?という程、昭和っぽい漫画です。
いや、別に昭和を描いてるわけじゃないんですよ。
恐らく舞台は平成です。
携帯電話持ってるし、みんな。
絵柄が古いという不粋なレビューをどこかでみましたが、それが原因じゃありません。
ワタシが思うに、漫画の中で繰り返し描かれる人情が、ワタシの中にある「懐かしい」という感情を引っ張り出すのだと思います。
ちょっと奥さんお醤油貸して(実際に言ったことないですけど)みたいな、SNSでは到底不可能な、ああいう人間同士の繋がりを感じられる、そういう漫画です。
大袈裟じゃなく。
お腹がよじれるほど笑えて、ポロッと来る。
男はつらいよ男はつらいよ
なんだと思います。
羽生山へび子さんの漫画は、だいたい全部。
ええ、もう、そう言っても過言じゃありません。
懐かしい気持ちになりたい、そんな日はぜひ読んで下さい!

ナギサさん我が家にも来てくれ!!と思うこと間違いなし。
料理に掃除になんでもできて、辛いときはそっと寄り添ってくれるなんて最高すぎる。結婚してほしい。
女だからって男に負けないとか、男だけどお母さんになりたいとか性別に囚われないようにと思うことで逆に囚われてしまうところを否定しないでいてくれる優しい漫画です。
お仕事でも家事でもなんでもがんばってる人はみんな偉い。

いまさらながら気づいたけどこのシリーズの表紙、めちゃくちゃ気持ち悪いな。

もちろん褒めてます。

本編の背筋が寒くなる不快感を現実世界にまで侵食させてきている、物凄く凝られた表紙の意です。

物理本の触り心地の話なのですが、
まず表面が普通のツルツルの箇所とマット加工されているサラサラの箇所があるんですけども、ただこれを触るぶんには面白い触り心地だなとしか今までは思っていなかったんです。
だけど最新刊を読んでて気づいたんです。
表紙のフチ、折り返しの部分にも毛羽立つようなザラザラとした触り心地の加工がされてるんですよね。
なのでマンガを読んでる時にこのフチの部分が親指に当たって絶妙に不快感があるんです。
さらに表紙に触れている他の指の感触もツルツルであったりサラサラであったりと指ごとにチグハグなんですよ。

これがほんとにもう絶妙に気持ちが悪い。

見知ったものを触っているはずなのに、
何か得体の知れないものを触っている感覚。
それが本編の読み味とリンクして最高に気持ち悪い。いや、キモチイイ。

窓の向こうを覗き見してるつもりだったのにいつの間にかこちら側にきている。

これだから紙の本はやめられないんですよね。

作者のエマニュエル・ギベールエマニュエル・ギベールは、アングレーム国際漫画祭2020グランプリを受賞した実力派!
派手さはないですが、静かな語り口でとても心に沁みる作品を描かれる方です。
本作のほかに、アフガニスタンを舞台に報道写真家が直面する死と生を描いた『フォトグラフ』が邦訳されています。

『アランの戦争』は、戦争を描きながらも、人の死や殺し合うシーンがほとんど出てこない、けれどとても心に残る名作です。

第二次世界大戦、ヨーロッパに渡ったアメリカ兵アラン・イングラム・コープの戦争体験を描いたバンド・デシネ。
戦友たち、出会う人々との交友…戦争中の兵士たちの生活が、飾り気のない語り口で、ときにユニークささえ感じるエピソードとともに描かれる。

アランさんがホントにイイ人なんだよなぁ。

父が漫画家。
それだけならばちょっと変わった家庭というだけだが
ほぼ毎回、原稿を投げ出して逃亡する父親なので、
中二と小五の姉妹二人が世間にバレないように
父に換わって原稿を完成させている、というコメディ。
設定はいかにもコメディなんだが、
本当の漫画家が漫画製作の現場を舞台に描いているので
(当たり前だが)漫画製作の苦労をネタにしたギャグとかも
かなりリアルリアルっぽい。
ネーム作成から下書き、アシさんアシさんと分担してのペン入れ、
デジタル処理から入稿まで、と漫画製作の過程と
その大変さが凄く良くわかる。
また、主人公の長女・歩未が他の漫画家のところへ
アシスタントにいって経験した話とか、
父のネーム打ち合わせに加わった話とかからは、
漫画ってそこま考えて描くんだ、と驚いてしまった。

そして漫画をちゃんと描くってどういうこと、
と考えさせられた。

作中でも何回か提言されたりもしていたが、
漫画家の先生が一人で全てをこなして描く作品もあれば、
各仕事を多人数で分担して作成する作品もある、
それこそギャグとしては
「あの先生は主人公の眼を描くだけ、あとは他人が描く」
なんて話も聞いたことまである。
恐らくそうとうに昔から、漫画って共同作業による作品で
どこをどう描いているならその先生の作品なのかとか、
なにをもって、ちゃんと描いていると言えるのか、
その辺の定義は明確ではなかったのではないだろうか。

家族だって、ちゃんとした家族ってワリとハッキリしない。
母親が(多分だが)早くに亡くなり、
その上に漫画家の父は逃亡常習犯。
そこを姉妹二人が頑張って支える、という
けして普通ではない家族だが、そこは漫画でもあり(笑)
なんだかんだとありながら幸か不幸か、
それでいいのかすらわからないままに
姉妹が苦労を重ねる話が進んでいく。
そして姉妹はそれぞれ見方や考え方も変わっていく。
それはまあ確かに漫画だからこその
都合よく仕上げた話かもしれないけれども。

そのストーリーを読んでいると、
ちゃんとした漫画、ちゃんとした家族って、なんだろう、
と考えさせられてしまった。
コメディなんだけれどわりとシビアなことを
突きつけられる展開もあるし、
父親のダメっぷりが凄かったりする展開もある。
しかし読んでいて陰鬱な気分になることもなく、
父親にとことん気分が悪くなるような嫌悪感を感じることもない。
面白がりながら最後まで読めて、しかも
漫画とか家族とかの「ちゃんと」って何だろう、と
考えさせて貰えて、読んで、読み終わって
気分がよくなる漫画だった。

父が漫画家。
...

これはアリスと蔵六アリスと蔵六ぼくらのよあけぼくらのよあけを代表作とした構成力がえげつなく高い漫画家の一人、今井哲也今井哲也先生による中学高校時代からコミティア時代までの作品集であり、タイトルに書いた通りの物でもある
具体的に言うと、10年経つ前と後の差が凄まじい 中学高校時代での作品はそれこそ藤子F不二雄と手塚治虫手塚治虫先生の作風をかなり参考にして描かれているのだが、コミティア時代となると一転し、お馴染みといえばお馴染みのかわいい作風  …を通り越して萌え要素が非常に大きい作風に変貌している。その変化っぷりは一見の価値大いにあり。特にこの本ではあまりに急過ぎて別の本でも読んでいるかのような気分にすらなった。
しかし読み進めていくと、共通点として、前述の代表作でも見られるオチの秀逸さが挙がるのだ それは萌えやかわいさに傾倒したコミティア時代では寧ろさらに磨きがかかっており、特に『やっつけられませんでした』『セブンオクロックニュース』には心底凄まじさを感じさせられた
このマンバでは先生がアニオタになるまでの経緯が話されているインタビュー記事へのリンクもあるのでそのインタビューも併せて読むと尚面白い。
最後に一言
今井哲也作品は、いいぞ。

 本作は、ノーベル文学賞を受賞したジャーナリストによる同名のインタビュー集を、小梅けいと小梅けいと先生がマンガにしたものです。第二次世界大戦におけるナチス対ソ連の戦いに兵士として身を投じ、余生を送る女性たちの肉声が集まっています。
 ソ連では、男女平等を強調する共産主義思想の影響も受け、他の国よりもはるかに多くの女性が自らの意思で従軍し、最前線最前線に立っていたのです。

 皆さん、「戦争」ってどう思いますか?
 日本で育った私たちは、敗戦国として徹底された反戦教育の中で生き、漠然とした「絶対あってはならないもの」といったイメージを持っています。しかし、もう日本人のほとんどは戦争を体験したことのない世代です。だから、「戦争=あってはならないもの」という公式を形式的には認識していても、なぜあってはならないのか、実際のところ自分の国が戦争に突入するとはどんな感じなのか、その中身を本当の意味では理解していません。

 本作では、原作著者であるインタビュアーが、年老いたかつての女性兵士から丹念に収集した声が、情景が、丁寧に再現されています。
 では彼女たち彼女たちの語る戦争は、単に血も涙もない、ひたすら凄惨を極めるものであるのかといえば、そうではないのです。彼女らの語る戦争は本当に千差万別です。正気を捨てて戦地に赴き、その狂気の痕が心から消えない人、過酷な環境の中でささやかな幸せを見出した人、死の恐怖より、女性の存在を想定していない住環境への忌避が勝った人… その全てに、過酷で凄惨な環境の中でもきらめきを失わないそれぞれの個性が、人間味が、激情があるのです。
 加えて、それらの当事者が(戦地にいることがイレギュラーな存在である)女性であるがゆえに、そこで語られる戦争は、私たちが知る「戦争」の視座から、少しずれています。かつて動物を愛した女性が、命を奪うことに躊躇しないようになっている自分に気づいたときの衝撃、復員後数年ぶりに履くスカートスカートへの違和感、男ものの下着を無理やり身に着けることへの嫌悪感… そんな、これまで戦争という文脈では表出してこなかったエピソードが、次々と語られるのです。
 そう、私たちがひとえに「あってはならない凄惨なもの」としてとらえてきた戦争という現象をもっと目をこらして眺めてみると、そこにはこれまで見たこともなかった多様で強烈な情景が、パッチワークのように広がっているのです。

 このことから読者が思い知らされるのは、「戦争というのは決して一つの現象ではない」ことです。戦争を歴史としてしか知らない私たちは、それを「あってはならない凄惨なもの」としてひとくくりにして処理し、それ以上戦争について考えることをしません。しかし実際は、戦争というものは決して均質な現象ではありません。一口に戦場といっても、そこには個々人固有の多様な時間が、何千層にも、何万層にも折り重なっているのです!
 本作は、原作の丹念なインタビュー、そして収集された物語を最大限汲んだ精緻なマンガ化をもって、「戦争という現象を眺める眼」としてはもはや最高峰と言っていい解像度を獲得し、そのレンズで戦争というものの中味を、私たちに覗かせてくれるのです。

 あなたはこの作品を読むと、戦争の中で走り、生き、笑い、泣いた一人ひとりの女性の鮮烈な過去を目にすることでしょう。それらの物語を覚悟をもって受け止めた上で、「戦争」とは何なのかもう一度じっくり考えなおしてみても、きっと遅くはありません。

少年の姿のまま永遠に生きる「先生」と、女子大生かずさの呪いの寿命差カップル。
永遠の時間の中で、儚い一時を大切に過ごす二人。
永遠の時の間に「呪い」と「秘密」が解決できる時は来るのでしょうか……

蝉の鳴く頃蝉の鳴く頃』は、『雪女と蟹を食う雪女と蟹を食う』、『童貞噺童貞噺』を連載しているGino0808Gino0808先生の初期作です。内容としては『童貞噺』の後日譚となっています。

本作は、主人公高弘、そして彼とふたり暮らしふたり暮らしの高校生の姪、美加の交流を描く物語です。

美加は、母を失い、出生の経緯から親戚からも距離を置かれる天涯孤独の身となった自らを引き取り、一人で育ててくれた高弘に並々ならぬ感情を持っています。そんな美加に片思いするクラスメイト、佐藤くん佐藤くんも登場し、高校生たちの揺れ動く感情が描かれていきます。

それと並行するようにして、高弘の苦悩に光が当てられていきます。高弘はかつて刹那的な享楽にふける、破滅的な人生を送っていました。そんな中姉の葬式で孤独になった美加と出会い、彼女を支えることに人生の意義を見出すことで、再起するのです。しかし、彼も美加との交流を通して、本来姪に対して抱くことは許されない、強い感情をいつしか覚えるようになります。

そんな本作があぶり出すのは、本来ポジティブな概念としてとらえられる「愛」が人間を陥れてしまう、いとおしくも苦しい袋小路です。
本作では、高弘が姉の葬式で美加と出会い、美加と暮らすまでの経緯が、本当に丁寧に描かれていきます。そこで高弘の再起のきっかけとなるのは、確かに美加への愛なんです。愛を与えるということ、それを知ったことで、これまでうわべの享楽にふけるばかりだった高弘の人生は、確かに豊かなものになるんです。

しかし、その愛はやがて異性への恋慕に変性します。叔父と姪、道義上そのような関係は許されません。そして何より、万一そのような関係を美加に強要してしまったら、これからの美加の人生の可能性を閉ざしてしまうことになる。その愛は、決して美加に届き、美加から返されることを望んではならないものなのです。

愛を与えること、それがいかにその者の人生を明るく照らすかを丁寧に描いた上で、その愛が相手から返されないことがいかにその者を苦しめるかを丹念に描く。愛というものを一面的にとらえるのではなく、その多義性を丁寧に暴き出すそのストーリーは、まさに本当の「愛の物語」というほかないのです!

すでに長くなってて恐縮ですが、本作の内容をご紹介した上でもう2点、本作の雰囲気と作家性についてアピールさせてください。

まず本作、私見ではありますがとても泣き系ギャルゲーを連想させます。多くない登場人物、そして狭いといっていい舞台の中で、主人公が感情面で袋小路に入っていく苦しみ、そして徐々に他の登場人物たちが話の本流の外に追い出され、主人公とヒロインだけの先の見えない関係に物語が集約されていく退廃感、それでも幸せを探す人間臭さ... 『AIR』の終盤を思わせるような、素晴らしい雰囲気でした。

また、蝉、夏といったモチーフや、いわば主人公を「あげて落とす」ストーリーは、作者のその後の作品、『雪女と蟹を食う』、『童貞噺』との共通性があり、当該2作品をさらに深く楽しめるヒントが多く詰まっています。Gino0808先生の作家性を存分に享受する、という意味でも、非常に魅力的な作品となっています。

全4巻と、読みやすいサイズになっています。私は本作を読んで、これまでなんで読んでなかったんだ!!!と叫びたくなりました。ぜひぜひご購入を!そして、高弘と美加の関係の行方を、見届けてください!

リサさんが少しずつ壊れていく姿が切なかった。
隣の家のツミちゃんが、愛や恋にまだ疎く、分からないながらも自分なりの方法でリサさんを想う姿は、不幸を楽しんでいたようには見えなかった。
だけどきっと誰にも、自分にも、そういう類の醜さがある。みんな少しずつ。
作品解説で気づかされることも多く、読み応えがあった。

シンガポール出身のフー・スウィ・チンフー・スウィ・チンさんの日本で最初の商業誌

出会いのキッカケは「弐瓶勉弐瓶勉先生がウルヴァリンのアメコミを描いているらしいぞ!」と言うことでネットの通販サイトを観ていたら、たまたま隣に表示されていたことだったと思います。(十数年前のこと・・・
当時はマーベルやDCでもない作品が翻訳される事など無いと思っていて、一生懸命 英語で読んでいたのが懐かしいです。

作品は、各話で変わる「人形のアナベル」の持ち主の女性を主人公とし、彼女たち彼女たちが何らかの事件に巻き込まれていくことで話が進んでいきます。
後半は赤ずきんやシンデレラのおとのおとぎ話をベースにした話に変わっていくので読みやすくなっていきます。
ただ、全体を通して後味が悪い話が多いため、人を選ぶとは思います。

自分がこの作品(作者さん)が好きなのは
 日本人にはかけない絵柄で、日本人に読みやすいマンガの形で成立している
という点です。

現在出版されている他の作品も魅力的ではありますが、彼女の作風がよく出ているという点では自分はこの作品を一番推しています。
絵柄が気になったら是非気にかけて頂きたい作家さんです。
とにかく日本で出版してくれてありがとうございます

何かのキッカケに 同人誌で描いていた muZz も出版されないかなぁ・・・
アレも良いんですよ・・・