これまでと違うテイスト

一番下のコメントへ

この後にもあまりない、ちょっぴりファンタジーが入った作品。
ダークさは割と強い(プンプンほど怖くないと思うけど、深く考えるとゾッとするところが結構あるので考察するかどうかはお任せします)

あと浅野いにお浅野いにお作品ではモブじゃない少年が出てくると大人が痛い目にあう気がする。
痛い目にあうのは少年含む弱者じゃない方が個人的には良くて、そういう正しさが守られていると「よし!」と思える。他作品思い出さずに書いてるけど。

なんか月並みですが「一本の映画のよう」なきれいなまとまり方をしていて、読後感も良かった。

私は浅野いにお作品は全部好き。ヴィレヴァンは特に好きじゃない。アジカンも別に好きでもない。
好みは人それぞれだと思うが全部好きじゃないとサブカル好きとして認められないのかもしれないがそもそも私はサブカル好きという自覚はない。
漫画好きなら漫画作品でだけ浅野いにおに触れたら十分だと思う。もちろんハマってそこから派生した何かしらに触れていくのはファンとして正しい姿勢だし、世界が広がっていく事にも繋がると思うのでソラニンソラニンの映画を観て和泉多摩川に行った帰りに下北沢の屋根裏(ライブハウス)にでもふらっと入って一杯飲んで帰ったりすればいい。

脱線しましたが、本作は非常に試験的な要素がいっぱいござるのでそういった意味でも「こいつおもしれーな」と思わせてくれるに違いない一冊です。おすすめ。

自分の中では「おやすみプンプンおやすみプンプン」以前と以後ではだいぶ異なると思っている。
「何言ってんだこいつ」と思う人は読み比べてみて感想を聞かせてください。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー