楽しんだもん勝ち、サバイバルゲーム

一番下のコメントへ

普通のOL・小西は、同僚OLで才色兼備だが謎の多い
千石が拳銃を所持している?ことを知り、
気になってしょうがなくなり尾行する。
実は千石はサバゲーの超A級ソルジャーだった。
これをキッカケに小西はサバゲーに嵌っていくが、
千石は小西にはつれない態度しか取らない。
そんなことやなんやからからで、
小西は千石にサバゲーでの挑戦状を叩きつけてしまって・・

趣味の世界は本気でやるほど楽しいが、
その趣味を理解しない人からは、
本気度が強ければ強いほど疎まれたりする。
ましてそれが世間があまり好意的でない趣味ならなおさら。
かつてモデルガンが趣味というだけで親が怒り、
モデルガンショップから出てきただけで補導され、
友人にあげたモデルガンを知らないうちに高値で転売され、
中学校で「モデルガン転売事件の首謀者」として
職員室で正座させられ説教された自分としては、
普通のOLが、趣味であるサバゲーを通して
明るく楽しく満喫しながら自分の世界を広げていく姿を
羨ましくもねたんでしまう。
自分の青春時代にサバゲーが存在していたら嵌っただろうなあ。

残念ながらサバゲーにはまったく関わったことがないので
この漫画がサバゲーの醍醐味とかリアルリアルな現状とかを
正確に伝えているかは判らないけれど、
楽しいのだろうなあ、というのは物凄く感じました。

この漫画でとくに気に入った話は
実は隠れガンマニアだった霧島さん(♂48歳)を誘って
サバゲーの世界に引きずり込んじゃう話ですね。
私はコルトパイソンよりも
S&Wのマグナム44のほうが好きだが(笑)。

普通のOL・小西は、同僚OLで才色兼備だが謎の多い 千石が拳銃を所持している?ことを知り、 気になってしょうがなくなり尾行する。 実は千石はサバゲーの超A級ソルジャーだった。 これをキッカケに小西はサバゲーに嵌っていくが、 千石は小西にはつれない態度しか取らない。 そんなことやなんやからからで、 小西は千石にサバゲーでの挑戦状を叩きつけてしまって・・ 趣味の世界は本気でやるほど楽しいが、 その趣味を理解しない人からは、 本気度が強ければ強いほど疎まれたりする。 ましてそれが世間があまり好意的でない趣味ならなおさら。 かつてモデルガンが趣味というだけで親が怒り、 モデルガンショップから出てきただけで補導され、 友人にあげたモデルガンを知らないうちに高値で転売され、 中学校で「モデルガン転売事件の首謀者」として 職員室で正座させられ説教された自分としては、 普通のOLが、趣味であるサバゲーを通して 明るく楽しく満喫しながら自分の世界を広げていく姿を 羨ましくもねたんでしまう。 自分の青春時代にサバゲーが存在していたら嵌っただろうなあ。 残念ながらサバゲーにはまったく関わったことがないので この漫画がサバゲーの醍醐味とかリアルな現状とかを 正確に伝えているかは判らないけれど、 楽しいのだろうなあ、というのは物凄く感じました。 この漫画でとくに気に入った話は 実は隠れガンマニアだった霧島さん(♂48歳)を誘って サバゲーの世界に引きずり込んじゃう話ですね。 私はコルトパイソンよりも S&Wのマグナム44のほうが好きだが(笑)。
camera

普通のOL・小西は、同僚OLで才色兼備だが謎の多い 千石が拳銃を所持している?ことを知り、 気になってしょうがなくなり尾行する。 実は千石はサバゲーの超A級ソルジャーだった。 これをキッカケに小西はサバゲーに嵌っていくが、 千石は小西にはつれない態度しか取らない。 そんなことやなんやからからで、 小西は千石にサバゲーでの挑戦状を叩きつけてしまって・・ 趣味の世界は本気でやるほど楽しいが、 その趣味を理解しない人からは、 本気度が強ければ強いほど疎まれたりする。 ましてそれが世間があまり好意的でない趣味ならなおさら。 かつてモデルガンが趣味というだけで親が怒り、 モデルガンショップから出てきただけで補導され、 友人にあげたモデルガンを知らないうちに高値で転売され、 中学校で「モデルガン転売事件の首謀者」として 職員室で正座させられ説教された自分としては、 普通のOLが、趣味であるサバゲーを通して 明るく楽しく満喫しながら自分の世界を広げていく姿を 羨ましくもねたんでしまう。 自分の青春時代にサバゲーが存在していたら嵌っただろうなあ。 残念ながらサバゲーにはまったく関わったことがないので この漫画がサバゲーの醍醐味とかリアルな現状とかを 正確に伝えているかは判らないけれど、 楽しいのだろうなあ、というのは物凄く感じました。 この漫画でとくに気に入った話は 実は隠れガンマニアだった霧島さん(♂48歳)を誘って サバゲーの世界に引きずり込んじゃう話ですね。 私はコルトパイソンよりも S&Wのマグナム44のほうが好きだが(笑)。

普通のOL・小...
@名無し

レビューも良いんだけどそれ以上に中学時代のモデルガンエピソードが良すぎる。
メッチャ読んでみたくなった

これからコンバットこれからコンバット」を読んでサバゲーに興味を持って、
Youtubeでサバゲーやエアガンの動画とかを見てみました。
凄い世界に行っちゃってるんですね、今のサバゲーの世界。
かつては金属製だが弾なんか撃てないモデルガンを持って
「この本物そっくりの重量感が」とかで
満足していた、するしかなかったけれども、
いまじゃ
「ジツ(実・本物)もいいけれども、新製品の△△△は
 〇〇〇で、その分サバゲーでは~するときに・・・だから」
とか、ただ本物を再現するだけじゃない世界にまで
楽しみ方や嗜好範囲が広がってるみたい。
「元自衛隊員だけれどもサバゲー楽しんでます」
みたいにホンマモンの人までが、あくまで趣味として
参加して楽しんでいたりしているし。
楽しみ方が無限大というか無差別級というか、
いつのまにそこまで明るく楽しんでいい世界に
なったんだガンマニアの世界は。
それは凄くいいことなんだろうけれども・・
更に言えば、この漫画以外にも、今は結構
サバゲ漫画ってあるみたいですね。
(それらサバゲ漫画の主人公は、なぜだか
 女性ばかりみたいですが・・。)
随分昔の「こちら葛飾区亀有公園前派出所こちら葛飾区亀有公園前派出所」に
世間から白い目で見られるので隠れて楽しむしか
なかったモデルガンマニアが両さんに
「なぜだ、なんでこんな目にあうんだ!」
と鬱憤をぶちまける話とかありましたが、
ガンマニアの世界もガンマニア漫画の世界も
変われば変わるもんですねえ。

サバゲーの実体験はないので、この漫画を読んで
知った(という気になっている)ことなんだが、
サバゲーという「エアガンで撃ちあうゲーム」といっても
「屋内戦」「屋外戦」とか撃ちあうフィールドの違いもあり、
フラッグフラッグ戦」「殲滅戦」などゲーム形式も多種多様。
銃器もハンドガン、アサルトライフル、スナイパー銃など
いろいろあり、さらにガス銃、電動式等にもわかれる。
それらの色々なことを混合して、楽しみ方も色々あるみたい。
凄く面白そうなゲームだということが、
これからコンバットこれからコンバット」では、物凄く伝わってくる。

第三巻まで読んだが、つくづく今のサバイパルゲームの世界って
楽しそうで恵まれているなあ、と思った。
まず、本物そっくりで弾まで発射する銃が愛でれる。
しかも本物より装弾数が多かったり、サバゲで楽しむために
カスタマイズなんかも出来たりする。
それもハンドガン、ライフル、ショットガン、グレネーダーグレネーダーまで
多種多様に入手や使用が可能。
それをレンタルしているサバゲー会場まで多数ある。
さらにそれらをネットなどで会話したり、
情報交換をしたり対戦相手を募ったり、
色んな楽しみ方も今では可能。
さらにこうして漫画でも楽しめるという(笑)

自分もあと15年、いや10年はやくこういう環境に
なっていたらサバゲーに嵌っていたと思う。
まあ金もハンパなくつぎ込んじゃって地獄を
見ることになっていたかもしれないけれど(笑)。

基本的にサバゲの楽しさが伝わってくる漫画。
そうなんだけれども、それだけじゃあなくて、
サバゲを中心に主人公のゆいちゃんや、
職場の同僚やサバゲを通じて知り合った人達の
みなさんがサバゲを楽しみながら、いい感じに
いい関係になっていくのが凄くいい。

隠れガンマニアだった霧島さんや、
ゆいちゃんを落とすのが狙いだったチャラ男・名取や、
個人主義を徹底していた千石さんや、
少し斜に構えていた、お局様OLっぽかった神田さんや、
オタク集団だったチーム蒼弾の新世紀エヴァンゲリオンエヴァルガンのメンバーや、
そんなみなさんが、話が進むにつれてどんどんキャラとしての
味わいや面白みが増していくのが凄くいい。
しかもそれが、あくまでもサバゲ漫画であり、
サバゲの面白さを伝えながら面白漫画になっているのが凄い。

特に、自分のツボに嵌って面白かったのは、
サバゲ・マニアの少佐に対して神田さんが
恋は盲目恋は盲目的な乙女心を爆発させる展開が最高(笑)。
楽しさが溢れ出している。

サバゲーをテーマに、あらゆる「楽しさ」を
味あわせてくれる漫画なんだけれども、
なにより作者の森尾先生が楽しんで描いているのがわかる。
(と、思った)
コミックスの巻末あとがきなどにも色々と書いてあるので
森尾先生がサバゲーマーであることは早々に判っていた。
なので第6巻で主人公で商社のOL・ゆいちゃんが
ホビーメーカーの東京マルイ(エアガンメーカーの老舗)に
営業にいく話が出てきたときは、読み始めてすぐに、
あ~森尾先生、ノリノリだな、という感じが凄く伝わってきた。
いわゆるタイアップ企画というかタイアップ・ネタ話
ってことになる話なんだろうけれど、
ガンプラ・マニアがTAMIYAさんに行ったみたいな、
聖地巡礼・的な、マニアな方が趣味と実益と、
それを漫画家として面白作品にしあげることが
できる機会に恵まれた僥倖の嬉しさが
その話から伝わってきた・・と思った(笑)。

コメントする
05/26(水)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー