深く美しき未知

一番下のコメントへ

東周英雄伝東周英雄伝』の鄭問(チェン・ウェン)の訃報は、一昨年のことだったか。
とんでもない「絵」を持った漫画家だった。
今さらだが、心から哀悼の意を捧げたい。

80年代後半から90年代前半、講談社のモーニングモーニングは、かなり精力的に海外の漫画を掲載していて、その野心的な試みは、今もバンドデシネ(フランスの漫画)のフィールド等では結構伝説的に語られることがあるのだが、そうした中で、もっとも衝撃的だった才能こそ、鄭問だった。
「こんなに絵の上手い漫画家が、台湾にはいるのか!?」と圧倒されたのを鮮烈に覚えている。

西洋画の奥行きを自家薬籠中のものにしながら、東洋の伝統的な水墨画のテイストを自在に操るその驚異の筆使いは、日本の漫画読者の芯を直撃しつつ、激しく揺さぶってくる。
本当に惚れ惚れする。

その作風からすれば、かなり手堅い印象の企画である『東周英雄伝』の好評を受けて始まった本作『深く美しいアジア』は、オリジナルのファンタジーだ。
世界設定は大陸的な伝奇物テイストでかなりブッ飛んでいるし、ナンセンスな味わいもあって、一筋縄ではいかないこの漫画家の器の大きさが感じられ、とても楽しい。

すごい漫画家が、世界にはいっぱいいるんだなあ。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner