賽の目っていうのは狙って出せるもんで、燕返しっていうのは麻雀打つ人はみんな出来るものだと思ってしまっていた。

麻雀マンガが少年誌で長期連載してたっていうのも少し時代を感じる。

「坊や哲」が主人公のこの作品、どこまで本当かわからないけど実話を元にした実在の人物、阿佐田哲也の麻雀記を描いたもの。
阿佐田哲也さんに関しては別途ググるとよろしいかと思います。

麻雀といえば桜井章一がすぐ名前が挙がるんですが、阿佐田哲也は小説家でもありギャンブラー。
そのギャンブラー小説家が麻雀で成り上がっていく間に出会う様々なライバルたちは本当にインパクトがあるぶっ飛んだ奴らばかりで、バッドラックとダンスっちまう感じの(連載時期もちょうどその頃)漫画史に名前が残るぐらい印象的なので全部読んでおくと良い。
※画像はガン牌で読者のハートを鷲掴みにした印南(いんなみ)

ぼうしゅうさんに憧れてにコメントする
『哲也 -雀聖と呼ばれた男-』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる