省略の妙

一番下のコメントへ

最近はグランドジャンプグランドジャンプが熱いですね。誌上で『プレイボール2プレイボール2』と『ドラフトキングドラフトキング』がいつも前後に並んでいるのは粋な試みだと思います。

『ドラフトキング』にもやはり野球マンガならではの経済的な語りがある。それにのってポンポン話が進んでゆき、まだ二巻しか単行本は刊行していないのにもかかわらず、もう十巻ぐらい読んだような濃厚感があります。未来の話ではありますけど、某社会人チームから多くの有望選手が育っていくというあの過程には痺れましたね、おいおいまだ2巻めだぞ、と。

それから全国津々浦々をまわるスカウトという職業のダイナミズムがよくコマに現れていると思います。これも野球マンガならではの経済的な手法、すなわち省略を使って、数千キロも離れた場所にいたスカウト同士が次のコマでは嘘みたいに一緒にいるというテンポの良さ、これが軽快なリズムを生んで、語りがどんどん濃厚になっている要因なのでしょう。

コメントする
11/05(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー