満足感の高い1巻完結作品。

一番下のコメントへ

とある3人の高校一年生、ひと夏のひと夏の出来事。
人の顔色を伺っていい子のふりして勝手に不満を溜めて落ち込む女の子、椎葉。
背が高くてかっこよくて運動も勉強もできて周りの期待とプレッシャープレッシャーの中で空気を読み続け「いい奴」を演じる男の子、三辻。
周囲からの視線、評価を一切気にしないで好きな美術と好きなだけ向き合う、伸。
付き合っている椎葉と三辻。孤独を楽しむ伸。
椎葉の歪な歯の形をきっかけに、ひと夏限りの三角形が浮かび上がる痛くて淡い思春期の記憶をそれぞれの視点から描くオムニバス。

「空気読まなきゃ」とか「嫌われないようにしよう」といった部分は多くの人の思春期に共通する息苦しくってたまらない問題ではあるんだけど、その分かりやすい手前の痛々しさだけをピックアップするべきではない奥行きを持った漫画だなと思った。
この漫画の、夏の強い陽射し陽射しとそよ風と木陰と美術室の匂いと蝉の声の中で鮮やかに描かれているのは、その時期の一点ではなく成長と変化の軌跡だ。
それぞれの立場の人間がこの出来事を機にそれぞれの方向へ軌道を変えていく。
そのときは運命的に感じるかもしれないが長い目で見ると偶然そこに居合わせたそれぞれの通過点に過ぎない。
それでも多感な時期に起きた出来事は、人生の行く末を変え得る力を持っているものだ。

読んですぐは、
・変われた人(脱却、変化)
・変われなかった人(後悔、反芻)
・変わらなかった人(自分の価値観を信じて美しいものを追い続ける)
の三者を描いているのかもと思ったけど、発言の内容だけ見ればそう単純ではない気もする。
当時は全てだった何もかもは、久しぶりに会えばあの日はあんなこともあったね、なんてささいな想い出のように語られるだろうけど、本当は誰しもが何かしらの形で一生その時代に囚われている。
そんな三者の羽化した先まで美しく描いているので一冊としての満足感がとても高い作品。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner