魂の行く先

一番下のコメントへ

仏教ってなんだろう。多分、ほとんどの人間は気にせずに生きていると思います。お墓参りをする。お葬式で手を合わせる。法事でお坊さんの話を聞く。日常日常向き合う機会はそんなに多くは無いけど、でも欠かすことは出来ない。
ブッダブッダの説いた教えと、今の日本で日常に溶け込んでいるお坊さんとの距離は、恐ろしく離れています。そして、その距離に対して本気で向き合うお坊さんがいたとしたら―。
作者の朔ユキ蔵朔ユキ蔵先生は、エロスとタナトス~むしけらの拳~タナトスを描く作家さんなのですが、この作品は我々の人生に(恐らく)欠くことの出来ない日本の仏教というものを題材にして、自分の持つ作家性とテーマを発揮した作品だと思っています。
主人公の佐伯清玄は日本の坊主としてではなく、仏陀の教えを実践する宗教者として生きていきたいと願っていながら、己の抱える煩悩を捨てることが出来ず、揺れ続けています。
読者は清玄の揺れる心情と、展開される物語に心揺さぶられながら最後まで作品を読み続けることになると思います。
ラストシーンの美しさは、一瞬の時間を永遠のものとした詩のようであり、だからこそ読者の脳裏に忘れ難く刻まれます。最近完結した「神様の横顔神様の横顔」とともに広く読まれて欲しい。そう願って止まない傑作です。

仏教ってなんだろう。多分、ほとんどの人間は気にせずに生きていると思います。お墓参りをする。お葬式で手を合わせる。法事でお坊さんの話を聞く。日常向き合う機会はそんなに多くは無いけど、でも欠かすことは出来ない。 ブッダの説いた教えと、今の日本で日常に溶け込んでいるお坊さんとの距離は、恐ろしく離れています。そして、その距離に対して本気で向き合うお坊さんがいたとしたら―。 作者の朔ユキ蔵先生は、エロスとタナトスを描く作家さんなのですが、この作品は我々の人生に(恐らく)欠くことの出来ない日本の仏教というものを題材にして、自分の持つ作家性とテーマを発揮した作品だと思っています。 主人公の佐伯清玄は日本の坊主としてではなく、仏陀の教えを実践する宗教者として生きていきたいと願っていながら、己の抱える煩悩を捨てることが出来ず、揺れ続けています。 読者は清玄の揺れる心情と、展開される物語に心揺さぶられながら最後まで作品を読み続けることになると思います。 ラストシーンの美しさは、一瞬の時間を永遠のものとした詩のようであり、だからこそ読者の脳裏に忘れ難く刻まれます。最近完結した「神様の横顔」とともに広く読まれて欲しい。そう願って止まない傑作です。

仏教ってなんだろう。多分、ほとんどの人間は気にせずに生きていると思います。お墓参りをする。お葬式で手を合わせる。法事でお坊さんの話を聞く。日常向き合う機会はそんなに多くは無いけど、でも欠かすことは出来ない。 ブッダの説いた教えと、今の日本で日常に溶け込んでいるお坊さんとの距離は、恐ろしく離れています。そして、その距離に対して本気で向き合うお坊さんがいたとしたら―。 作者の朔ユキ蔵先生は、エロスとタナトスを描く作家さんなのですが、この作品は我々の人生に(恐らく)欠くことの出来ない日本の仏教というものを題材にして、自分の持つ作家性とテーマを発揮した作品だと思っています。 主人公の佐伯清玄は日本の坊主としてではなく、仏陀の教えを実践する宗教者として生きていきたいと願っていながら、己の抱える煩悩を捨てることが出来ず、揺れ続けています。 読者は清玄の揺れる心情と、展開される物語に心揺さぶられながら最後まで作品を読み続けることになると思います。 ラストシーンの美しさは、一瞬の時間を永遠のものとした詩のようであり、だからこそ読者の脳裏に忘れ難く刻まれます。最近完結した「神様の横顔」とともに広く読まれて欲しい。そう願って止まない傑作です。

@ナベテツ

気になって読みました。
仏教がテーマだと説教くさいんじゃないかと避けてましたが全然そんな事ない!
幼馴染にお寺の子がいたので仏教の道で働く人のこと、少しは理解してると思ってましたがこの漫画で「ああ、こういうこと教わって考えてるかもしれない」とちょっと知った気になってます。
エロスとタナトス~むしけらの拳~タナトスを描かれる作家→わかります。
この漫画とか神様の横顔神様の横顔とか読んでてしっかりとした重みというか、筋が通ってる気がするのは作者の持ち味、作家性、一番表現したい事なんでしょうね。
読んだあとどうこう言えず、名作だ、と唸るのみです。

いい漫画に出会えました、感謝です!

気になって読みました。 仏教がテーマだと説教くさいんじゃないかと避けてましたが全然そんな事ない! 幼馴染にお寺の子がいたので仏教の道で働く人のこと、少しは理解してると思ってましたがこの漫画で「ああ、こういうこと教わって考えてるかもしれない」とちょっと知った気になってます。 エロスとタナトスを描かれる作家→わかります。 この漫画とか神様の横顔とか読んでてしっかりとした重みというか、筋が通ってる気がするのは作者の持ち味、作家性、一番表現したい事なんでしょうね。 読んだあとどうこう言えず、名作だ、と唸るのみです。 いい漫画に出会えました、感謝です!

気になって読みました。 仏教がテーマだと説教くさいんじゃないかと避けてましたが全然そんな事ない! 幼馴染にお寺の子がいたので仏教の道で働く人のこと、少しは理解してると思ってましたがこの漫画で「ああ、こういうこと教わって考えてるかもしれない」とちょっと知った気になってます。 エロスとタナトスを描かれる作家→わかります。 この漫画とか神様の横顔とか読んでてしっかりとした重みというか、筋が通ってる気がするのは作者の持ち味、作家性、一番表現したい事なんでしょうね。 読んだあとどうこう言えず、名作だ、と唸るのみです。 いい漫画に出会えました、感謝です!

@名無し

朔先生の作品は結構好き嫌い別れるとこなんですけど、ここで挙げた作品は漫画好きなら読んで損するこたないと胸張って言えるんで、良い出会いだったら何よりです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー