憧れのアーバンライフ少女漫画

一番下のコメントへ

内容は、親同士が再婚してある日突然知らないイケメン男子と同居生活が始まっちゃった!どうなるの〜!?☆という話で、主人公たちが高校から大学までの数年間で様々な恋模様を展開しながらこの上なく完璧なかたちで完結する名作です。
そして、ママレード・ボーイママレード・ボーイlittlttleという素晴らしい続編へ続くことができるわけです。

りぼん電子版りぼん連載当時のわたし(小学生)からすると、主人公たちは高校生ですが、やることなすこと全てが憧れの「少し大人の恋愛」に映っていたくらい、ママレードボーイは全体的に落ち着きと品があるラブストーリーラブストーリーでした。
吉住先生の(いい意味で)手描き感のない細くてキレイな線の影響もあると思います。

今思えば、登場人物たちは皆(実際にそういう設定なのかはさておき)それなりの富裕層家庭で育っており、身につけるものや振る舞いが上品。あの世界には不良とかヤンキーの概念がなさそう。
制服のデザインも凝っており、私服も洗礼されていてめちゃめちゃオシャレです。何度真似して描いたことか…。とくに女の子キャラの服装は今見ても可愛い。
なので、アニメで光希が水色やピンクの服ばかり着ているのが嫌だと先生が言ってた記憶があります。

個人的にはすず×蛍カップル推しですね。美しい容姿を持ち、スポットライトスポットライトを浴びる者同士、お互いを高め合える関係で、わがままなすずちゃんとクールな蛍くん。ナイスカップル。
ママレは90年代りぼん作品の中では、ベスト3に入るほど好きです。

先生と生徒という禁断の恋もかかれているけど、茗子が大人っぽいのもあるからかタブー感がなかったです。
学校帰りにお洒落なカフェでお茶したり、軽井沢旅行で家族でテニスしたり…たしかにアーバンな暮らしをしている描写がたくさんありましたね。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
banner