一番下のコメントへ

主要キャラクターは主に10代の子どもですが、わかりやすく幼稚でガキっぽいキャラは出てきません。
いわゆる子どもと大人の狭間で揺れ動くセンシティブな心を持った人々が描かれています。

こういう漫画を読むととくに、自分がキャラクターと同世代だったときに出会えていたら良かったなと思います。大人になって読むのと感想がどう変わるのか比べてみたい。
でもそれは一生叶わない。悲しい。

このかっこいいタイトルの意味は最後に回収されますが、学校という場所の特殊さを表したとても面白い言葉だと思います。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー