📮ユーザーアンケート実施中📮

66歳のおじさんが面接に行ったらピンサロ店で即採用だった

一番下のコメントへ

コミティア行ったとき新刊が出ていたら買っていた漫画がいつのまにか商業誌で連載していたので購入。
これはよかった!

定年後、妻を亡くし四十九日後も悲嘆に暮れる進さん(66歳)は、新しくスタートを切ろうと清掃の仕事を見つけるが、行ってみたらそこはピンサロのお店だった。
風俗には行ったこともなかったが、覚悟を決めそこで働くことにした進さんは、若い嬢たちとの交流の中で風俗というフィルターを通して今までサラリーマン一筋40年では得られなかった学びを日々獲得していく。

たまに生々しい描写もあるが基本的には楽しくポップな描き方で話は進んでいく。
彼女たち彼女たちはたくましく仕事をして生きているのだ、と仕事に携わる人間として向き合って描いている。

この漫画で、すすむさんのスタンスが妙に面白いなと思うのは、愛した妻を亡くしたから悲しんでいるのではなく、妻を愛していたが冷めてしまい幸せにしてあげられなかった自分への不甲斐なさで泣いている点だ。
そこに自覚がない。
自分に足りなかったものはなんなのか、とあくまで自分に理由を求めている。
実はこの考え方って独りよがりでそこに相手がいない。
これが問題だ。
ここで効いてくるのが第一話の妻のセリフ「私をただのマネキンだと思ってるのよね」。
すすむさんは自分にしか興味が無いのか、偏見に捕らわれてしまっているだけなのか。
この意味をすすむさんが本当の意味で分かるのはおそらくまだ先だろうが、この言葉をきっかけに知ろうと前へ進み始める。
妻しか女を知らなかった真面目な男が、66歳にして開放的なピンサロ嬢たちと触れ合い、ガチガチに決めた自分ルールを自覚しぶっ壊した先にこそ、妻を亡くした本当の悲しみがあるのかもしれない。

早く続きを読みたい。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
banner