ネタバレ
圧倒的な構成と画力

一番下のコメントへ

絵も話も圧倒的に上手い!作者はいったい何者…?

「付き合ってみたけど、思ってたのと違う」といって別れるのは思春期あるあるですが、それを暗喩を用いてここまで見事に描いているのがすごい!

放課後放課後小川さんと行きたかった場所
・よくできてる海のキーホルダーを買った理由
・映画が面白いと思った訳

小川さんと付き合い始めてから、何ひとつ言わなかった主人公・原田が、初めて自分の考えを言ったのはセックスした直後。

「別れよう」
「付き合うって自分のモノになることだと思ってたのに、気遣いばっかりでもううんざりなんだ」

うそでしょ…くそすぎる…!

というのも実は、原田の部屋には「原田のゲロから生まれた小川さん」がいる。
原田とは何でも気が合い、いちいち原田と違う考えを主張し摩擦を起こす本物の小川さんとは違う、まさに「小川さんじゃない小川さん」。

ゲロ小川さんののように何でも「だよねってなれる、摩擦のない会話。摩擦のない関係」こそが、相性がいいことだと思っていた原田は、本物の原田さんと寝たあとすぐに分かれを切り出す。

その後、原田は自分の意見を持たないゲロ小川さんが「原田自身」の姿をとったことで、原田は考えを変える。

「オレは海を掴んだんだ」という自分の意見を黙って飲み飲んでいた原田が、相手に寄り添うことの大切さに気がついた瞬間にキーホルダーを手放す演出が好き。

ネットに作者の情報がなさすぎでは!?
どの媒体でも構わないので、ぜひまた三ト和貴三ト和貴の作品を読みたいです…!

(追記)
「全然情報見つからねえ〜!」と思ったら、ヤングジャンプヤンジャンのサイトは「三ト和貴(カタカナのト)」になってて、ご本人のTwitterのお名前は「三卜和貴(占いのうら)」になってるためでした。
https://twitter.com/mitok07

絵も話も圧倒的...

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み