一番下のコメントへ

大学で数学を学んでない身からすると、「高校でやってたあれはこういうことだったんだ!」という発見がある。自分も主人公と同じく暗記で乗り切ったタイプなので(見ただけで覚えられるほどの力はないが)、すごく共感しながら読んだ。登場人物が異能を持ちながら基本的には駄目人間てのがいい。数学の知識がなくても十分楽しめるし、京都に土地勘ある人はローカルネタも楽しめると思う。

3巻すげー面白かった。数学の話題とストーリーの関連がわざとらしくないのが良い。現代数学の勉強ってこんな風に色んな人と雑談しないとできないし、そこが楽しいところなんだよな。教科書には厳密な記述しか書かれてないから。

どんどん難しくなってきてる。バナッハ・タルスキーの定理で言ってることが分からない。ネットワークビジネス回が猫田のキャラ的にも数学的にも良かった。
番外編の入れ替わりを群論の言葉で式にして解いてみたい。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー