ネタバレ色んな意味で「ラーメン」な漫画

ラーメンも含めてグルメ漫画が好き。
けれどなかには好みでない漫画もある。

美味さを表現しようとしすぎて、
危ないポエマーな世界に逝っちゃった漫画とか。
料理や料理人の価値を強調しようとしすぎて、
命賭けで食材を調達したり調理技術を修行したりとか。
漫画なんだからドラマチックじゃなければつまらないけれど、
リアリティがなさ過ぎると、私的には楽しめなくなってしまう。

この「ラーメン王子ラーメン王子」も最初に表紙を見たときには
「上品でイケメンな主人公が
 ラーメンをまるで超高級料理のように
 格調高く礼賛する漫画なんだろうな」
と想像した。
ああこれは多分、俺が嫌いなタイプの漫画なんだろうな、と。

食わず嫌いだった(笑)。
確かに主人公は見た目は超イケメン。
しかし中身はどちらかというとラーメン・キモオタだ。
「イケテル王子」ではなく「オモロイ原始人」だった。
そういうギャップを狙った設定の漫画だったのだろうけれど、
いっぽうで単に設定が甘くてツッコミどころが
ボロボロ生まれちゃったのでは、と思う面もあったりする。
遭難して10年間無人島にいたわりに
仕事は出来るし
ラーメンだけじゃなく中国のことわざや
フランスの美食家の名言も知っているし、
藤子不二雄先生やトキワ荘を崇拝しているし(笑)。
マナーには気を使うが小さいミスを多発して悩むし、
この主人公、キザなイケメンどころか、
無邪気馬鹿で庶民的なキャラだった。
そしてそれらがどこまで作者の計算通りかわからないが
結構いい味をだしている。

また、全てのエピソードが、実在するラーメン屋さんを
取材して作っているそうで、
2000年~2010年位のラーメン界のリアルなレポート漫画でもある。
またそれが、上から目線ではなく過度でもなく、
それぞれのラーメン屋さんへの作者の敬意が
感じられる内容でいい感じだ。

大爆笑するとか驚愕の薀蓄ネタ披露とかの漫画ではないが
わりといい味がして、まさに
「お高くとまってるんじゃねーかと思っていたら
 ざっくばらんな感じの面白さだった」
という、まさに
「ラーメンのような味わいの漫画」
だった。

ラーメンも含め...

今のところコミックスの1巻しか読んでいない
(全2巻)ので、もしかしたら第2巻で
なにか語られているのかもしれないが・・
とりあえずツッコミを入れさせていただく。

主人公は10年前に遭難して無人島に漂着し、以来10年間、
ともに遭難したと思われる父が持参していて
唯一、主人公と供に無人島に流れついた本
「ラーメン大辞典」を熟読し、ラーメン好きになった。
なので日本に帰国してから、その本に掲載されていた
憧れの有名ラーメン店を訪問して感動する、
という話が多い。

けれどほとんどの店が10年前には創業(開店)していないのだが(笑)

コミックス第1巻の、カバーを外すと見られる
裏表紙に載っているイラストがコレ。
第6話での1シーンを、吹きだしの中のセリフを
変えて作ったお遊びサービスカット?みたいなんだが、
言ってる内容には激しく共感(笑)。

「紅楽園のラーメンライス」
のほうについては何のことだかわからなくて
調べてみたが、松本零二先生の
男おいどん男おいどん」のなかで頻繁に出てくる
ラーメン屋なんだそうです。

コミックス第1...

作画の阿部先生がコミックスの中で語っていらっしゃるが、
先生自身はまったくラーメンに詳しくなく、
監修の先生の指導と実際の店ロケで見聞きしたことで
作品を作っているとの事。
それに加えて、主人公が無人島から10年ぶりに帰国した、
という設定がうまくはまったようなかんじで、
主人公はラーメン通だけれどいろいろと新鮮な体験をする、
というのが、漫画として面白かった。
過度にラーメン通ぶらずに、初めてそのラーメンを
食べた人の目線でのラーメン漫画ってかんじで。

第2巻はサブタイトルが
「関西奮闘編」となっているように
京都大阪のラーメン屋さんを取り上げている。
関西在住ではないので、京都大阪のラーメン屋情報は
あまり耳にすることがない。
なので、この漫画の情報は新鮮で興味深かった。
とりあえず京都の朝ラーメンと
大阪の無鉄砲のラーメンは食べてみたいと思った。
注記:下記イラストの「朝からする」は
   朝からラーメンを食う、の意味です)

第2巻はサブタ...

第1巻を読んで予想はしていたが、
ヒメコ部長(独身OL、仕事中心の人生で恋愛経験不足)
が段々といい味を出してきた。
ラーメンに例えれば、だんだん溶け出してくる
辛味噌トッピングラーメンみたいな味わいか(笑)。

なんかギャクのスタイルや絵柄が
古谷実先生(行け!稲中卓球部稲中卓球部など)と似ている気もした。
古谷先生のところでアシスタントでも
されていらした経験でもあるのだろうか?
というか絵は古谷先生より上手いような気もする。

第1巻を読んで...

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

character
character