icon_reread
また読みたい
フォロー
パパがも一度恋をした(1)
▼第1話/神様のごほうび ▼第2話/っポイ! ▼第3話/「かわいさ」って何だっけ。 ▼第4話/蘇る勤労 ▼第5話/恋愛教習所 ▼第6話/恋の仮免許 ▼第7話/娘の一番長い日 ▼第8話/38歳のハローワーク ▼第9話/見えすぎちゃって… 困る! ▼第10話/賢者の贈り物 ▼第11話/ふたりの神田川 ▼第12話/僕がプレゼント決めたらあの娘どんな顔するだろう ●主な登場人物/山下トモ(しっかり者の中学3年生。引きこもりでニートの父にうんざりしている)、山下吾郎(トモの父親。妻を亡くした悲しみから3年もの間、引きこもっている)、山下多恵子(トモの母親で、3年前に他界… のはずが、中年男の姿になって帰ってきた?) ●あらすじ/母を亡くして今日で3年目。中学3年生の山下トモは父・吾郎の部屋の前に立っていた。吾郎は妻を失った悲しみから、3年も引きこもっているのだ。いいかげん立ち直るよう諭すトモの傍らでは、祖父のタロスケが吾郎を甘やかしてばかり。トモが「悲しいのはパパだけじゃない」と言えば、部屋の中から「パパの方が悲しい」と父親とは思えない言葉を吐いてきた。そして吾郎は「ママの所へいく」と首を吊ろうとして…。慌てるトモだが、その時、家の中に見知らぬ中年男が…!? (第1話) ●本巻の特徴/亡くなった母が帰ってきた… ただし、見知らぬオッサンの姿で!! “彼女”の作る手料理、服の隙間から覗く肌、そして2人きりのデート。悲しみに暮れていたはずの父に、まさかの2度目の思春期が。伝説のギャグ漫画家・阿部潤がスピリッツに初見参!! ●その他の登場人物/山下タロスケ(トモの祖父。大食い。息子の吾郎に甘い)
パパがも一度恋をした(2)
愛する妻が亡くなって以来、丸3年間引きこもり中の山下吾郎(38歳)。娘ですら手をやくそんなダメパパ・吾郎のもとに突然現れた不審な中年男。…その正体は、おっさんの姿になって生まれ変わってきた(!)妻・多恵子だった。「妻」を名乗るそのハゲちらかしたおっさんを、多恵子として愛しはじめてしまう吾郎。手をつないでデートしたり。人に「妻です」と紹介したり…。そんな「当たり前の夫婦」の日常とは程遠い、ふたりの夫婦生活。むしろ、妻の朝勃ちに困惑したり、男同士として一緒に合コンに参加したり、人目を忍んで家庭内デートしたり。そんな、なんでもないようなことが高いハードルになるふたりの日々は、困難に次ぐ困難の連続。2集では、キテ○ツくんそっくりな謎の発明少年が、おっさん多恵子を生前の美しい多恵子に見える「ふしぎめがね」を吾郎に授けたり、吾郎の身に“リアル女子”の誘惑が迫ったり、奇特にもおっさん多恵子を愛してしまう吾郎のライバルが登場したり…。新キャラ続出で、ただでさえややこしい吾郎&多恵子夫婦の周辺は、ますます嵐モード。世界一しあわせで、世界一むずかしい恋―― 絶賛進行中です!!
パパがも一度恋をした(3)
最愛の妻・多恵子が亡くなって以来、ショックのあまり3年間引きこもり生活を続けていた山下吾郎のもとに、ある日、その亡くなったはずの妻が帰ってきた。……ただし、おっさんの姿で! すね毛は生えてるし、加齢臭はするし、ハゲ散らかしてるし… そしてエプロン姿よりも灰色のスーツ姿が妙に似合う。――そんな妻、絶対嫌! なはずなのに、やっぱり最愛の人は最愛の人。手をつないでデートしたり、他人に紹介することすら困難な2人の幸せと試練いっぱいの「2度目の」夫婦生活は、始まってしまったのです…。3集では、吾郎に想いを寄せるステキ女子の出現で吾郎&多恵子夫婦にさらなる危機!? ワケあり夫婦の究極・ピュアラブコメディ!!!
パパがも一度恋をした(4)
愛する妻が亡くなって以来、丸3年間引きこもり中の山下吾郎(38歳)。娘ですら手をやくそんなダメパパ・吾郎のもとに突如現れた不審な中年男。……その正体は、おっさんの姿になって生まれ変わってきた(!)妻・多恵子だった。「妻」を名乗るそのハゲちらかしたおっさんを、多恵子として愛しはじめてしまう吾郎。手をつないでデートしたり。人に「妻です」と紹介したり…。そんな「当たり前の夫婦」の日常とは程遠い、ふたりの夫婦生活。3集では、おっさん姿で生きる妻・多恵子に、久々の“女友達”が出来たり、吾郎と多恵子でサラリーマンに扮して新橋でデートを敢行したり…。徐々に、ふたり流の愛の育み方を苦肉の策で見いだしてきた吾郎&多恵子夫婦。順調とは到底言えない二人の世界一しあわせで、世界一むずかしい恋―― 今日も絶賛進行中です!
パパがも一度恋をした(5)
愛する妻が亡くなって以来、丸3年間引きこもり中の山下吾郎(38歳)。娘ですら手をやくそんなダメパパ・吾郎のもとに突如現れた不審な中年男。……その正体は、おっさんの姿になって生まれ変わってきた(!)妻・多恵子だった。すね毛は生えてるし、加齢臭はするし、ハゲ散らかしてるし… そしてエプロン姿よりも、ねずみ色の背広姿が妙に似合う。――そんな妻、ぜったい嫌! なはずなのに、やっぱり最愛のひとは、最愛のひと。「妻」を名乗るそのハゲ散らかしたおっさんを、多恵子として生前と変わらず全力で愛し始めてしまう吾郎なのです。5集では、娘・トモが次第に“おっさん多恵子”を母と信じて歩みよるようになったり、多恵子が中学校の同窓会に参加できるよう吾郎が必死の画策をしたり…。ふたり流の愛の育み方は、微笑ましさも暴走具合も右肩上がり。世界一しあわせで、世界一むずかしい恋―― 今日も絶賛進行中です!
パパがも一度恋をした(6)
愛する妻が亡くなって以来、ショックで丸3年間も引きこもり中の山下吾郎(38歳)。娘ですら手をやく、そんなダメパパ・吾郎のもとに突如現れた不審な中年男。……その正体は、おっさんの姿になって生まれ変わってきた(!)妻・多恵子だった。ハゲ散らかしてるし、すね毛もはえてるし、加齢臭までするし… そしてエプロン姿よりも、ねずみ色の背広姿が妙に似合う。――そんな妻、ぜったい嫌!! なはずなのに、仕草や優しさ、行動の可愛らしさは、生前の多恵子そのもの。「妻」を名乗るそのおっさんを、多恵子として生前と変わらず全力で愛しはじめてしまう吾郎なのです…。第6集では、これまで絶対に“おっさん多恵子”を母と認めなかった娘・トモの心に変化が芽生えたり、多恵子が妙な才能を発揮して漫画家デビューしてしまったり… と、ますます波瀾の山下家。吾郎と多恵子流の愛の育み方は、微笑ましさも暴走具合も右肩上がり! 世界一しあわせで、世界一むずかしい恋―― 今日も絶賛進行中です!
パパがも一度恋をした(7)
愛する妻が亡くなって以来、ショックで丸3年間引きこもり中の山下吾郎(38歳)。娘ですら手をやく、そんなダメパパ・吾郎のもとに突如現れた不審な中年男。……その正体は、吾郎を心配するあまり、けなげにもおっさん姿になって生まれ変わってきてくれた(!)妻・多恵子だった。ハゲてるし、すね毛もはえてるし、加齢臭までするし… それでも、「おっさん多恵子」との愛しき日々を積み重ねてきた吾郎。しかし、「おっさん多恵子」が天国に帰らなければならないタイムリミットは近付いていて…!? 笑って泣ける、究極の純愛コメディ、感動のフィナーレ!