基本的には友情努力勝利のスポ根漫画の王道なんだけれど、
登場人物の明るさ、爽やかさがいい感じ。
楽しくて強くなる柔道、に説得力があるのは
作者の力量・才能の賜物だと思う。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>

浜名湖高校と日本一を争った千駄谷学園は現実の
世田谷学園がモデルだったのだろうけれど、
今では世田谷学園柔道部はそれほど強くない。
最近になってこの漫画を見た人は
「千駄谷?へんな名前だな」
くらいにしか思わないかも。

千駄谷の石丸コーチが日本柔道の現状を危惧していたが、その後しばらく、石丸コーチが心配したとおりになったな。

あれは、ねえ(笑)。
少年漫画のわりに当時から女子中学生高校生のファンも
多かったはずなんだけれど、それだけに24巻に関しては
「書店で買いづらい」とか読者投稿があったりしましたね。

単行本24巻のカバーが一番印象に残ってる

単行本24巻のカバーが一番印象に残ってる

@名無し

帯ギュを知らない人でアノ表紙を見て
話の内容を正しく想像できる人は
まずいなかったろうと思う(笑)。
インパクトは凄かったが売り上げに繋がったかは疑問。

柔道部物語と比較されてこの漫画の汗が柔道部っぽくない綺麗な汗って言われてたな。

柔道部物語と比較されてこの漫画の汗が柔道部っぽくない綺麗な汗って言われてたな。

@名無し

確かに。
相当にハードトレなシーンもあるけれど、全体的に汗臭くない。
話がそれてしまうけれど、このころ(すこしあとかも)に
バスケ漫画のスラムダンクが大ヒットした。
ヒットの要因はひとつではないだろうけれど、あれなんかも
漫画の中では登場人物は物凄く汗を流していたけれど、
いい意味で漫画なので汗臭い不快感は伝わってこなかった。
そのへんにアノ漫画がヒットした要因もあると思う。
時代がかわるともに汗臭さとか痛みとかが伝わらないほうがよいという
昔とは変わった面が、あのころの漫画界に出てきていたと思う。

確かに。 相当にハードトレなシーンもあるけれど、全体的に汗臭くない。 話がそれてしまうけれど、このころ(すこしあとかも)に バスケ漫画のスラムダンクが大ヒットした。 ヒットの要因はひとつではないだろうけれど、あれなんかも 漫画の中では登場人物は物凄く汗を流していたけれど、 いい意味で漫画なので汗臭い不快感は伝わってこなかった。 そのへんにアノ漫画がヒットした要因もあると思う。 時代がかわるともに汗臭さとか痛みとかが伝わらないほうがよいという 昔とは変わった面が、あのころの漫画界に出てきていたと思う。

確かに。 相当にハードトレなシーンもあるけれど、全体的に汗臭くない。 話がそれてしまうけれど、このころ(すこしあとかも)に バスケ漫画のスラムダンクが大ヒットした。 ヒットの要因はひとつではないだろうけれど、あれなんかも 漫画の中では登場人物は物凄く汗を流していたけれど、 いい意味で漫画なので汗臭い不快感は伝わってこなかった。 そのへんにアノ漫画がヒットした要因もあると思う。 時代がかわるともに汗臭さとか痛みとかが伝わらないほうがよいという 昔とは変わった面が、あのころの漫画界に出てきていたと思う。

@名無し

もう一つ、スラムダンクとの共通点(じゃないかと勝手に思っていること)なんだけれど、ヒットする・した漫画って、読み続けている間に作者の画力がどんどん上がってきて相乗的に面白くなっていく、っていうパターンがあると思う。
帯ギュも最初は線が細いな白いスペースが多いなと思っていたけれど、
線が細いままに、細いからこそ細かいところまで描き込まれていく感じになっていった。
そのぶんリアリティもあがっていったし、話のシリアス度もあがっていって漫画としてのクオリティがどんどん上がっていったと思う。

柔道部っぽくない汗、長髪だったり優男だったり逆にオカマだったり。女子も出てきて学園物語的な進行もあった。およそ従来の柔道のイメージと違うキャラやノリが多かった漫画だが、柔道そのものを軽んじていない部分を随所で感じた。
そのへんもヒットした要因かも。

汗の件もそうなんだけれど、この漫画は
ベタではあるがベタベタではない。
そのあたりがニューウェーブだった。

突然、天才柔道少女(来留間麻里)が登場して、ちょと雰囲気は変わりましたね。物語の中に国際大会とか出てくることになって。
あれから海老塚も柔道を始めたり、女子柔道の流れがファンに受けたのだろうけれど、自分としては読んでいて男子柔道の話ほどにはテンションはあがらなかったかな。
キライではなかったけれど。

河合先生の別作品「とめはね!」にも柔道少女が出てくるし、
来留間本人もゲスト的に出てきたし、
河合先生が女子柔道を気に入っているんだろうな。

28巻で石丸コーチが日本柔道の現状を
解説分析する話があったが、
その後の現実の日本柔道は、その憂慮が
かなり的中した感がある。
当時にそう考えている人はある程度はいたのだろうけれど、
少年漫画雑誌の柔道物で、あそこまで現実を分析して
良い意味で判りやすく解説して物語に組み込んでいるのは
たいしたものだなあ、と思う。

この漫画に出てくる高校、元ネタの高校を推測すると 浜名湖高校→浜名高校 佐鳴高校→浜松北高校 赤石林業→天竜林業高校(現天竜高校) は分かるんだけれど 三方々原高校→興誠高校(現浜松学院高校) なのかな?所在地は三方が原らしいが。 曉泉学園はどこだかわからん。

この漫画に出てくる高校、元ネタの高校を推測すると 浜名湖高校→浜名高校 佐鳴高校→浜松北高校 赤石林業→天竜林業高校(現天竜高校) は分かるんだけれど 三方々原高校→興誠高校(現浜松学院高校) なのかな?所在地は三方が原らしいが。 曉泉学園はどこだかわからん。

@名無し

三工は、浜松工業(浜工)
曉泉は、日体高校ですよ(≧∀≦)

三工は、浜松工業(浜工) 曉泉は、日体高校ですよ(≧∀≦)

三工は、浜松工業(浜工) 曉泉は、日体高校ですよ(≧∀≦)

@名無し

ありがとうございます。
浜工ってけっこう三方っ原のほうにあったのですね(笑)。

漫画のなかでは主人公の通う「浜名湖高校」は
略して「浜高(ハマコウ)」と呼ばれている。
現実に浜名高校がある静岡県西部地方では
浜名高校は「ハマナ」と呼ばれる。
「ハマコウ」というと浜松工業高校(笑)

「ハマショウ」というと浜田省吾ではなく浜松商業高校(笑)。

この漫画に出てくる高校、元ネタの高校を推測すると 浜名湖高校→浜名高校 佐鳴高校→浜松北高校 赤石林業→天竜林業高校(現天竜高校) は分かるんだけれど 三方々原高校→興誠高校(現浜松学院高校) なのかな?所在地は三方が原らしいが。 曉泉学園はどこだかわからん。

この漫画に出てくる高校、元ネタの高校を推測すると 浜名湖高校→浜名高校 佐鳴高校→浜松北高校 赤石林業→天竜林業高校(現天竜高校) は分かるんだけれど 三方々原高校→興誠高校(現浜松学院高校) なのかな?所在地は三方が原らしいが。 曉泉学園はどこだかわからん。

@名無し

浜名湖高校→浜松湖東高校
三工→浜松工業
曉泉→興誠だと思っていた

浜名湖高校→浜松湖東高校 三工→浜松工業 曉泉→興誠だと思っていた

浜名湖高校→浜松湖東高校 三工→浜松工業 曉泉→興誠だと思っていた

@名無し

あと、佐鳴は浜松北高校でしょうね(笑)

作者の河合先生が浜名湖高校のモデルとしたのは
浜名高校なのか浜松湖東高校なのかはわかりませんが、
主人公たちが自転車で武道館や浜松市街に行ったりしている
ところからすると湖東かもしれませんね。
私は浜名高校出身ですが、漫画に出てくる浜名湖高校の校舎は
浜名の校舎と似ているような似ていないような(笑)
柔道場はほぼ似ているかな?
綱登りのロープとかはなかったと思うけれど。
学食は浜名には確実にありませんでした。少なくとも当時は(笑)。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー