帯をギュッとね! 1巻
5人の中学生が、昇段試験で黒帯をとった。粉川巧、同じ北中の杉、南中の斉藤、それに東中の三溝と宮崎だ。かつてのライバル同士が、意外な形で再会したのは、高校の入学式。しかも同じクラス。でも、この浜名湖高校には、柔道部がなかった。そこで彼らは、柔道部を自分たちで創部する。全員一年生の新生・浜名湖高柔道部がスタート!!
帯をギュッとね! 2巻
浜名湖高校・新柔道部は、粉川巧をはじめ、全員が一年生。しかも顧問は、柔道オンチの担任・倉田龍子先生。部員たちの同級生で、巧のガールフレンド・保奈美と、その親友・桜子をマネージャー役にむかえ、にぎやかにスタートした。他校との合同練習がおこなわれる中、かつて保奈美にホレていた佐鳴高校・石塚の挑発をうけ、全国柔道大会・地区予選に出場することに!
帯をギュッとね! 3巻
あこがれの全国柔道大会・地区予選に出場した、粉川巧と浜名湖高校柔道部員たち。というのも、かつて保奈美にホレていた佐鳴高校柔道部・石塚の挑戦をうけての参加だから、動機はいたって単純。佐鳴高校と対戦するまでは意地でも負けられない浜高に、強敵出現。こともあろうに一回戦で、昨年の準優勝校・赤石林業と当たってしまった!
帯をギュッとね! 4巻
因縁の佐鳴高校と対戦するまでは、何が何でも負けられない浜高は、思いもよらぬ力を発揮。試合を次々と勝ち進み、全員一年生の初出場校が、なんと準決勝に進出。相手は佐鳴高校。両校の必死の攻防のなか、ともに一勝三引き分けとなり、決勝進出をかけた代表戦にもつれこむ。代表となった巧と石塚が、ついに激突!
帯をギュッとね! 5巻
新生クラブの浜高柔道部が、春の高校柔道地区予選大会で、まさかの第3位に。とはいうものの負けは負け。そのくやしさを晴らすため、部員たちは珍しく特訓を開始。夏の合宿を終え、秋の大会、絶対優勝を目指す浜高の前に、新たなライバルが……。
帯をギュッとね!(6)
秋の柔道選手権大会・地区予選を目指し、県警の柔道師範・倉田の指導のもと、メキメキと腕を上げる浜名湖柔道部の5人。その実力を試すため、無謀にも二段への昇段審査に挑戦。が、意外や意外、杉、宮崎、三溝、斉藤と、いずれも文句なしの6人抜きで合格。そして、巧は……!?
帯をギュッとね!(7)
二段への昇段試験で、ただ一人失敗した粉川巧は、初段のまま、秋の柔道選手権大会・地区予選に突入。一回戦、こともあろうに対戦相手は、前大会で勝てなかった佐鳴高。しかし、先鋒・巧がすさまじい活躍をみせる!
帯をギュッとね!(8)
秋の柔道選手権大会・地区予選に出場した浜名湖高校の5人。一回戦では、巧の一人5人抜きの大快挙で圧勝。つづく二、三回戦も勝ち抜き、ついに準決勝に進出。相手は、巧の幼なじみ・堀内平八郎を擁する暁泉学園。はたして勝ち残るのは、恐るべき破壊力を持つ暁泉か、チームワーク(?)を誇る浜高か!?
帯をギュッとね!(9)
高校柔道選手権大会・地区予選に出場した浜名湖高校の5人は、全員が一年生。といってもこの5人は、なかなかのクセ者揃い。ついには決勝進出を決めた。対戦相手は、超高校級選手・藤田を擁し、無敵といわれた三方ヶ原工業高校。だが、浜高は大善戦。勝負は巧と藤田の大将戦にもつれこみ……!?
帯をギュッとね!(10)
地区予選最大の敵・三方ヶ原工業高を破った浜名湖高柔道部は、ついに全国大会に出場。念願の日本武道館での初試合に、燃えに燃えた5人だったが、一回戦で、前年三工に敗れた尚北高に敗退、あっさりと姿を消す。来年の春に雪辱を期す浜高柔道部の、新たなる挑戦の日々が始まる!
user_private
名無し
11ヶ月前

柔道マンガはどれから読むべき?

1・帯をギュッとね! 2・もういっぽん! 3・ウチコミ! 4・からん 5・柔のミケランジェロ 6・花マル伝 7・走れ!!天馬 8・1・2の三四郎 9・新・花マル伝 10・新コータローまかりとおる柔道編 11・七帝柔道記 12・YAWARA! 13・柔道部物語 14・JJM女子柔道部物語 短編と長編、という感じに「対局的な分類」として ドリーミイというかファンタジーぽいものと、リアル系、 男子柔道と、女子柔道、 こんな感じにジャンル分け出来ると思うんですが、 とりあえずはすべてのバランスがとれた「帯ギュッ」から読んで、 最後は「柔道部物語」で締めたほうが良いかなあ、と。 ややドリーミイなものからだんだんリアル系に、 男子と女子は出来れば交互に、 長編を連続して読むのはキツイので長短は出来れば交互に、 そんな感じで読んだほうがいいかな、と考えてこうなりました。 なおその分類で私的に考えているのはこんな感じ。 1・長編で男女混合でドリーミイでもありリアルでもある 2・連載中で女子でドリーミイ 3・中編で男子でややドリーミイ 4・中編で女子でリアル 5・短編で男子でドリーミイ 6・長編で男子でややドリーミイ 7・短編で男子でドリーミイ 8・長編で男子でドリーミイ 9・長編で男子でややドリーミイ 10・長編で男女でドリーミイ 11・中編で男子でリアル 12・長編で女子でドリーミイ 13・中編で男子でリアル 14・連載中で女子でリアル ドリーミイだとかリアルだとかの判断に個人差はあると思いますけれども。 あと、8・13・14は作者が同じ小林まこと先生で、 8がデビュー作で14が13の続編ということから この順番で読むしかないなと判断しました。