河合先生の傑作にコメントする