競艇マンガの「モンキーターン」で主人公の使う凄技が 超鋭角的なターンのVモンキーというターン。 マンガの連載時は、立ち姿勢気味を維持しながら高速で ターンをする「モンキーターン」が新しい高度な ターンテクニックとして使われ始めていた時期。 なのでそれすら超えるVモンキーなんて 「現実には無理」とも言われていた。 でもその後「まるでVモンキー」といわれる超鋭角ターンを 現実に披露する選手もチラホラあらわれたりした。 まあ実際のところはそこまで鋭角ではないとか たまたまモーターが抜群だったからできただけとかの 感じもあるけれど。 けれどそのあとに 「ウィリーターン」という まるで船尾のモーター以外は船底が水面から浮き上がって いるようなターンとか 「スコーピオンターン」(添付写真)という ターン時の外足加重の概念をくつがえすようなターンとか マンガ以上に凄いターンとか出てきたりした。  
camera

競艇マンガの「モンキーターン」で主人公の使う凄技が 超鋭角的なターンのVモンキーというターン。 マンガの連載時は、立ち姿勢気味を維持しながら高速で ターンをする「モンキーターン」が新しい高度な ターンテクニックとして使われ始めていた時期。 なのでそれすら超えるVモンキーなんて 「現実には無理」とも言われていた。 でもその後「まるでVモンキー」といわれる超鋭角ターンを 現実に披露する選手もチラホラあらわれたりした。 まあ実際のところはそこまで鋭角ではないとか たまたまモーターが抜群だったからできただけとかの 感じもあるけれど。 けれどそのあとに 「ウィリーターン」という まるで船尾のモーター以外は船底が水面から浮き上がって いるようなターンとか 「スコーピオンターン」(添付写真)という ターン時の外足加重の概念をくつがえすようなターンとか マンガ以上に凄いターンとか出てきたりした。  

競艇マンガの「...
@名無し

パッと見、何のためにやってるのか分かんなくてちょっと笑っちゃったんだけどちゃんと体重かける意味があるのね…。動画見たけどすごかった

マンガみたいな話を集めるトピックにコメントする
user_private