美大を目指す男子高校生の受験マンガ

マンバ運営

【掲載誌】
アフタヌーン2017年8月号(2017年6月24日発売)より連載開始

【代表作】
彼女と彼女の猫

【受賞歴】
2014年・夏 四季賞 佳作 受賞

【公式ページなど】
モアイ

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。<br /> その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。<br /> <br /> 美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポコン受験物語、八虎と仲間たちの戦いが始まる!


Twitter https://twitter.com/28_3
TSUBASA YAMAGUCHI http://t8s2.jugem.jp/

天使の絵を描いたのはたぶんこの人かな
https://twitter.com/tomorimarimo

結構面白かった。DQNポジションでありながら割と爽やか青年っていうところが好感持てる。楽しみだ

くるみ割り人魚

2話目の方が面白かった。美大受験マンガって正直どんな感じになるのかいまいち掴めていなかったんだけど、学科によって合格する絵が全然違うっていうのはわかりやすくて面白かった。日本画科の感じの絵かなってなんとなく思っていた。

くるみ割り人魚

はやくも絵の練習というか、受験勉強がスタートしたって感じ。そして龍二くんことユカちゃんは「女装をしていて心は乙女」と柱の紹介文に書いてあった。ヒロイン枠ですね。

何科に行くんだろう。描いてる絵的には油絵っぽい

本格的に絵の勉強が始まってきた。デッサンのテクニックも紹介されている。森先輩の行き詰まり方、いつか爆発して自暴自棄になりそうで怖い

話数を重ねるたびに面白くなっていっている。谷口の自己紹介がDQN感丸出しで嫌いじゃない。

親は反対しなさそう。説得も一つの盛り上がりポイントかなと思ったが、親の協力(特に資金援助)なしじゃ難しいってことかな

努力と成長、そして上には上がいる厳しい世界、少年漫画みたいなアツさだ。
ユカさんの腰がセクシーすぎて、とても女装男子には・・・

先生の言葉が良いんだよなあ

画材は高いねぇ。美大の卒業制作は手間をかけるか、素材に値段をかけるかのどちらかだと聞いたことがあるが、入試を受ける前からこんなにかかるとは。。

くるみ割り人魚

世田介はTHE天才って登場。龍二がこのポジかなって最初思ってたんだよね。でも、戦友って感じ。これはこれでいいけど。

何科に行くんだろう。描いてる絵的には油絵っぽい

@名無し

油学科でした

森さんの闇はそんなに踏み込まなかった。受験もひとまずうまくいったし、このままフェードアウトするのだろうか。

ユカの家庭に若干の闇を感じたのは私だけ?

八虎にとって、やはり森先輩がはじまりの人なんだな
自分が一番はじめに尊敬した人って大事だし、それが森先輩で本当に良かった。

最初方向転換したのかと思った。

2話前くらいから本格的にスタートした感じがしていたけど、本番はこれからか

森さんの闇はこういう形で再登場するわけか

ピカソの良さがあまりしっくりきていない俺としては、食事のようなもので好き嫌いがあると言ってもらえることはとても嬉しい。美術館たまに行くんだけど、良さがわからないと「これは俺が悪いのか」と悲しくなる。

美術に疎いので勉強になりますって正座しながら読んでる

絵は描けないと早々に諦めて芸大も美大も全く念頭に置いていなかったので、こういういい出会いが学生時代にあった矢口は憧れてしまう

龍二が泣き崩れているシーン、今までで一番いいシーンだった

順位づけられて現実を目の当たりにする段階まで来たか。森さんのようにならないといい。

コメントする
投稿者名
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う