新世代感

高校の部活でアニメーションを作る話。アニメと言っても美少女とかではなくてジブリっぽい。ジブリっぽい中でもメカとか建築物が細かいやつで、宮崎監督はじめその影響を受けた世代のクリエーターの仕事を観て育った感じを受ける。成熟した文化から生み出された作品。

1 – 26/26件
<< 最新
<
>
最初 >>

メタなネタをする漫画とかで、たまに吹き出しに手を加える系のやつがあるけど、映像研だと吹き出しの向きが頻繁に変わる
これはキャラの向いている方向に合わせてとかなのかな?
あんまり違和感なく自然に読めるから、なにかしらの決まりがあると思うんだがなんだろう

メタなネタをす...

アニメの世界観の作り方の説明が、キャラが入りきってるのがすごくいい
実際にメカを作るようにメカの設定を考えるのいい

吹き出しのパースは空間に馴染ませるためにやってるらしい。普通は描き文字にするとこも吹き出しにしてるとか、ここまで考えてるとは思わなかった。

月刊!スピリッツ」にて連載中の『映像研には手を出すな!映像研には手を出すな!』。こちらで第1話が試し読みできます。↑クリック女子高生によるアニメ制作を描くこの作品は、連載が開始さ…

アニメーションも上手。未完ながらも引き込まれる。 https://twitter.com/dennou319/status/827548537911074816 大童 澄瞳 Sumito oowara on Twitter “俺が独りで作ってたアニメーション。未完成。 https://t.co/1u6oKPUreU”

@名無し

このアニメーション、キテますね。

メカもいいけど、建造物がどれもいい。空想世界に入り込んでいる時もだけど、そもそも学校の作りも細かいというか変に複雑な作りでときめく

独特のリズムがあって、本当に面白い。ちょっと昔の世代のオタクのような感覚。でも映像を分解して思考するっていうのはいつでも楽しい。もっと早く読めばよかったな。

1 – 26/26件
<< 最新
<
>
最初 >>
コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー