震災を重くもなく軽くもなく受け止められる

地獄の田中

1枚の絵とその時の雄鶏の気持ち?が雄鶏の絵日記みたいにずっと続いていく
たぶん、こうの史代自身が実際に歩いて回った記録なんだろうけど、雄鶏に語らせているっていうのもあって東北の今をそのまま受け止められるような感じ

単行本で読んでいると、鶏がどこにいるのか探すのも楽しくなってくる。

震災後の漫画家によるリアクションとして素晴らしい。取材力と想像力を組み合わせたこうのさんらしい仕事。

ページの余白のところにこうの史代が一言くらいで当時の状況とかを書いててそれがまたなんか刺さるんだよな

記録としてすごく貴重な仕事だと思う。

これはこうの史代さんにしかできなかったと思う。
ただ描写するだけでなく、漫画として一線を引きながら、悲観にも楽観にも寄りすぎない仕事ぶりには感服

被災というのは彼女のテーマなんだろうか。
災いといってしまうと何か違う気もするけれど、この世界の片隅にでは戦争、夕凪では原爆被爆者、今回は震災で、描かずにはいられない何かがありそう

読みました。すごくいい漫画でした。表向きはほのぼのした話なんですが、やっぱりこうの先生の一言が随所で心に刺さりますね。
風化させないという思いが伝わってきます。

単行本2巻にある「小さな世界」は原子力の仕組みについての解説かな?手紙調でわかりやすくはなっていたけど、それでも難しかった

3巻まで続くんだ
ということはまだ取材は続いているのか

あの鶏はコッコさんなのか?読んだことないけど、表紙だけ見たことがある

本日の食事がかわいいけど、あれだよね、群生している植物まで見ているってことだよなぁ。すごいな

スケッチの日付的には、1〜2ヶ月に一度、足を運んでいる感じだね
他はずっと作画作業なのかな

津波情報が街ごとに乗ってるのはすごい

これはいつ終わりが来るんだろうか。復興するまで続くのかな。今のままでも十分すごいけどすごい漫画家だ。

コメントする
投稿者名
報告理由
詳細(任意)
投稿いただいた内容が第三者に伝わることはありません。
このコメントに返信する
投稿者名