花柳界という全く関わり合いのない世界

米一俵の値段で売られた「つる」が仕込みっ子から一人前の芸者になるまで話なんだけど、俺の好きな感じの話が多くて好き。仕込みっ子の頃のほうのエピソードが好きかな

単行本未収録の回も含めて読んだけど、第8回はしょうがないとして、第13回の方はなんで、収録されなかったのだろうか

コメントする
凍鶴

凍鶴

また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

上村一夫つながり

最新のクチコミ